教わったことは即実践。

ベースの神子です。

最近コーラスや歌で喉をこれまで以上に使う。

しかし、俺は喉のコンディショニングとか、正直分からない。

他のバンドの人なんかに聴いても、統一的な見解もなく、

気合いと根性みたいな感じだったので、俺は困っていた。

というわけで、喉のことは喉のプロに聴いた。

リアルアナウンサーだぜ?驚いた。素敵だ。フローラルだ。

そんな人が親切に、教えてくれた。

①飲み物に関しては、水以外刺激になるので、常温の水。レベルが上がったら温かいお茶などは有り。

②香辛料類は刺激になる。

③本番前は腹五分目くらい。

要約するとこんな感じ。

昨日、このありがたいお言葉をいただいた。

んで早速今日、実践した。

 

朝は毎週激辛パスタなんだけどやめて、優しいカルボナーラ。

食事は基本この一食にして、水分はお茶か水。なるべく熱すぎるもの冷たすぎるものは避ける。

練習前のドリンクは、水。コンビニで買ったものをお湯で薄める念の入れよう。

複式は、教わったロングブレスでばっちり。

こんな状態で、練習に臨んだ。

すると・・・

 

最初、裕介とふざけてやってたブルーハーツで、既に声が出る感じがある。

スムーズに、悩み無く出る感じ。

手応えあり!

と思ったのも束の間・・・

 

セッションっぽい状態で生きてえとかなんとかがなってたら、声がかれた。

すぐに戻ったんだけど、直後のリルラはぼろぼろ。

ファルセットが出ない!マジファッキン自業自得。

声って繊細なのな。

でも、分かったから、これは継続する。良い声で唄うぞ?

できるだけね。

スリーピースはコーラス大事だからさ。

頑張るぜ。

 

最後に、親切にプロの技を教えてくれた会田さん、ありがとうございます!

 

 

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中