星に願いを。

もうすぐ七夕ですね。

いいですよね、七夕。毎年曇ってて。

子どもの頃、織り姫と彦星の話、

教わったとき、曇ったら会えないじゃねえか、かわいそうだなあ、

なんて純真無垢な竜彦少年は思いましたが、最近はめっきり不純になったので、

 

「曇ってるほうが、みんなの前でコトをいたさないで済むじゃねえか」

 

などと思っています。

 

不純の塊とはまさにこのこと。トトロなんか影も形も見えやしねえぜ。

こんな不純な俺ですが、自分で言うのもなんだけど、結構純な願いがあったりします。

本当です。照れくさいから言いたくないけど(笑)

 

 

大人になれてよかったのは、自分の願いを自分で見つけて、自分で叶えることができるようになったってことだね。

しみじみ思う。

お星様に願うより、自分の足でそこまで歩く。アタマで考えて、何とかする。

 

根っこの部分はすんごいネガティブな気持ちだったりもするんだけど、それを前向きに何とかしよう、ひとまず幸せになろうっていう気持ちがあれば何でもできそうな気がする。

 

音楽は、その最たるものだ。

誰でもやろうと思えばできるし、特にドレスコードも特殊な才能も必要ない。ただ伝えたい気持ちがあればいい。ネガティブなものでも、いつのまにかポジティブになる。後ろ向きと、前向きが向き合う。本当、なすところなくくすぶるくらいなら、みんなやったらいいのに、と思えてしまうくらいです。

そんな気持ちで、この先もずっと自分とつきあえたらいいなあということを願っていたりしてるのです。

 

 

というわけで、そんな気持ちを込めつつ、今日はこの一曲。

ザ・ハイロウズ/バームクーヘン

 

そういうブログか?これは。まあいい。そして良い歌だよね。こういう歌は、きっとずっと古くならない。

いいよなあ、ほんとうに。

 

 

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中