音楽と景色

ども。
ベーシストの神子です。
これを書いている(入力している)俺は、只今絶賛移動中。
出張なんだぜ。俺は電車の中。静かにちょこまんとしてるぜ。ヘイ!と叫んでも文の中だけ。マナーは守るんだぜ、こう見えても。

移動中はわりかし時間あるから、音楽聴いたりしている。
それが車窓の風景とあいまっていろんな風景を見せてくれる。

さっきまでの俺は赤羽にいた。
今はシカゴにいる。
次は決めてないけど、ロンドンか、セネガルあたりに行くだろう。

でも、さっきから俺の目の前を通り過ぎている風景は、東京発安房鴨川行きの特急わかしおの沿線の風景だ。荒川も、風の街もありゃしない。

こういうの、錯覚の一種なんだけど、こういう錯覚ならウェルカム。錯覚ってともするとネガティヴな印象持たれるけど、これは楽しい錯覚だ。

たぶん脳の働き(音楽を聴いて脳の部位が刺激されたことで視覚にまで働きかけるうんぬん)なんだろうけど、気持ち良いし、飽きない。

こういう体験は昔から良くある体験で、はっきりと理解したのはこれ聴いたときだった。

Underworld – Dinosaur Adventure 3D

俺にしては以外な・・・て人、鋭い。

俺もたまたま気まぐれで買った。
でも、音が何かしらのビジョンを見せるってことに気付くきっかけだった。

まだそういう体験無い人は、目をとじて聴いてみて。

本当になんかしら感じられると思う。

どうでもいいけど、
「良い曲だとMTVを観ながら思ったから、目を閉じて聴いたらカスだった。」
って誰の言葉だっけ。

映像がなんでもあることが必ずしも音楽にとってベストじゃないって、今のYouTubeも同じだな。

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中