いのちの爆発

ども。いきなりですが、みなさんは「バージェス動物群」ってご存知ですか?カナダのバージェス頁岩の中から発見された動物達の化石のことなんです。この動物達、今から5億5千万年くらい前に実在していた本当の生き物なのですが、化石にしては柔らかい部分もしっかり残っている状態の良い動物化石として非常に有名なんです。

状態が良いだけの化石なら他にも沢山あると思いますが、このバージェス動物群は、それだけじゃない。実に変わったというか、妙なフォルムをしていて、それが非常に面白いんですよ。そんな面白いバージェス動物群の動物達について今日はご紹介したいと思います。

まずは
ピカイア
これはピカイア。ちょっと食性とか想像つかないですよね。どんな生き物なのか、さっぱり想像つかない。

続いて
ハプロフレンティス
これはハプロフレンティスさん。貝に近いそうですが、触手は何のために生えているのか?全く以て不明。姿だけ見れば空を飛んだり宇宙を飛んだりしても不思議は無い。

そんなハプロフレンティスの天敵はこの方。
オットイア
オットイアと申します。こんなのなんかRPGとか出て来ませんでしたか?FFとか、ウィザードリィとか・・・立派な肉食動物で、砂で獲物を待ち構える立派な捕食者だったそうです。

こんな個性的なバージェス動物群の中でのスターがこの人(?)
アノマロカリス
アノマロカリス大先生。バージェス最強の肉食獣。他の生き物たちがせいぜい4センチくらいなのに対し、アノマロカリスは60センチから100センチくらい。群を抜いた巨大さと、この暴力性剥き出しのフォルム。バージェスの悪魔と呼ぶに相応しい存在感。

さて、この個性的なバージェス動物群の生き物たちなのですが、姿形以上にさらに不思議な点があります。つまり、原生の生物との関連性が薄い、もしくは分かっていない、ということ。どういうことかと言うと、今生きている昆虫や軟体動物の先祖でもなければ、亜流かどうかも分からない。古生物学上のオーパーツと呼んでも差し支えないくらい、この子達は浮いた存在なのです。

・・・なんかね、多分神様みたいな人も試行錯誤があったんだろうなって思う。地球に生命が産まれたのは38億年前だけど、それから33億年くらいは菌類と藻類しかいなくて、複雑な多細胞生物が産まれたのは14億年前。それからさらにベンド期(ここの生き物も面白い)を経て、カンブリアに辿り着く。まだまだ生き物が産まれたりするには黎明期といっても良い。黎明期って、バンドでも車でも、その後の姿とはちょっと異なるモンが産まれたりすることあるけど、それに似ている。作り手も上手くコントロールできない。どっちかと言えば、取って出しに近い。洗練されるには、数多くの鬼子も必要ってわけだ。今の俺たちもカンブリア紀かもね。この先どんな風になるか分かんないけど、進化するよ。

ちなみに、この個性的な生き物たちの情報は、

古世界の住人

ここで見られます。面白いサイトです。古生物好きなら是非一度チェックを。

さて、俺たちは今、9月22日のライブに向けて新たな曲作りをしています。全曲新曲!を目指してやっています。

次のライブではバージェス動物群みたいな個性的な曲を御届けできるよう、日夜精進しているので乞うご期待!

広告

One Comment on “いのちの爆発”

  1. […] 鉱物資源を食べて生きる単細胞生物が、光合成を行う植物性プランクトンに進化し、細胞の数がどんどん増えて形も大きさも複雑さを増し、魚や鳥やトカゲ、数多くの木々が生まれ、ほ乳類が生まれ、人類が生まれた。 45億年という気が遠くなるような長い長い歴史の中で、恐竜や三葉虫みたいに大繁栄をしたけど絶滅していった生き物達もいる。バージェスの動物達(以前の日記「いのちの爆発」参照)みたいな個性的な生き物達もいる。 今生きている俺たちと直接関わることは無いけど、進化の課程で枝分かれしていった。元は俺たちだって嫌気性バクテリアの一種からスタートしている。だからこの生き物達とも、どこかで繋がっている。進化の過程を眺めると、そういう気持ちに否が応でもさせられる。人間は人間として天地開闢のときから存在したわけではない。色んな生き物の夥しい生き死にの中でつないでいった命の糸みたいなもの。 そういうものを、俺たちも確かに受け継いでいる。 この宇宙にどれだけの生き物がいるか分からないけど、もし仮にこの地球にしかいないのだとして、月にすら辿り着けるくらいの行動範囲を持つ人類の役割って一体なんだろうか。 ひょっとしたら、生物の存在そのものが様々な可能性や、未来につながっているんじゃないだろうか。生物多様性っていう言葉で説明しきれないくらい、もっと大きなスケールで論じ、対策しないといけないときがきているんじゃないだろうか。 生き物達のダイナミックな物語を想像しながらいろんなコトを考え考え、時間を過ごした。 結論なんてすぐには出ない。けど、つながっているって意識を持つ事が、まずは身近に感じるための糸口なのかも知れない。そんな想いを持って博物館を後にした。 短いけど、本当に有意義な時間だった。 […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中