ライブハウスの酒

三連休の中日。皆様いかが御過ごしですか?

各地ではお祭りが開催されていますね。
横浜ではビアフェスが開催されてます。
酒飲みの祭典ですね。僕はいかないけど。

まあ、そんな中、僕らはというと、練習ですよ。
三連休は、22日までにまとまった確認をする最後の、かつ絶好のチャンス。
ひたすらスタジオに籠って歌詞をまとめたり、アレンジ再考したり、合わせてみたり。
やることは本当に多いのです。

幸いにして、やればやるほど良くなるので、22日は相当良いライブになると思います。
ベーシスト的には、今まで使っていた愛機「サンダーバード」ではなく、今回からは「スティングレイ」でライブに臨みます。
ライブでスティングレイを使うのは2010年のホロビテさんのサポート以来。
もちろんヴードゥー・ダック・スターズでは初披露。どんな声で唄ってくれるのか、楽しみでもあります。
是非是非ご期待ください!

さて、今日はお酒のお話。

お酒はいつも飲んでいるけど、
そういうデイリーなお話ではなくて、今日のテーマは「ライブハウスのお酒」。
僕は自分が演者のときは絶対に飲まないと決めているから、たまにライブに行くと飲み過ぎる。
新宿の某ライブハウスにお客さんで行った時、あまりにハイペースで僕が飲むから、ドリンクカウンターのお兄さんが、

「10杯飲んだらただにしてやるよ」

という素敵なことを仰ってくれたので、まずは10杯飲んでただにして、そこから先さらに10杯。
合計20杯の生ビールを飲みました。
ちなみにそこのお店はビールにカールスバーグが置いてありました。

飲み口の非常に良い、デンマークのビール。大好きなビールの一つです。他の醸造所から盗み出したビール酵母を使って成功した、なんてトンでもない伝説もあります。

横道のそれましたが、その時のライブはとても楽しかったと記憶しています。
それはどういう楽しさだったかっていうと、もうなんか、「誰でもフレンド!」「何でも名曲」状態。知らない連中とモッシュしたり、知らないバンドさんの曲でアタマ振ったり・・・
完全ボーダーレス状態。今まで体験したことの無い、本当にハッピーな状態でした。

人間は普段の生活で心の弱い部分を防御するために、大なり小なりの「壁」を設けて生活しているけど、
実際はそれが時に重荷だったりストレスの原因になる。
だから時には解放して風通しを良くしてあげないと窒息してしまう。

お酒も、音楽も、結局は「心の解放」を目的にしている。
それが両方置いてあるライブハウスは、まさに心の解放を図るのにうってつけの場。
独特の空気感の漂う場で生の音楽と生ビールを両方摂取すれば、どなた様も皆ハッピー!自由の御空にアイ・キャン・フライ!

というわけで、22日は僕らの音楽だけじゃなく、代々木ブーガルの美味しいお酒と素敵な雰囲気もお楽しみください。
全てに酔いしれて心も身体も軽くなる、素敵な一夜にできるよう、ヴードゥー・ダック・スターズも頑張ります。

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中