空の王(昆虫編)

今日は僕が最も好きな昆虫のひとつ、トンボについて。

トンボと言えば、秋の代表的な昆虫として昔から日本人に親しまれてきたようで、古語でトンボは「アキツ」と呼ばれていました。(秋は昔から秋と呼ばれていたようです。)

万葉集には

あきづ羽の 袖振る妹を 玉くしげ 奥に思ふを 見たまへ我が君

なんて短歌もあるくらい、トンボは親しまれてきた昆虫なのです。

そんな馴染み深いトンボですが、生物としては、太古から現れて、しかもほぼ今のトンボと変わらない形で化石になっています。
中でも有名なのは石炭紀(約2億9000万年前)に活躍したメガネウラでしょう。最大で70センチに達したというこのトンボの祖先は、もう今のトンボとほとんど変わりません。
ちなみに石炭紀には、家庭の嫌われ者として名高いゴキブリも現れました。
実は同じくらい古い虫なんですね。

さて、そんな古い虫であるトンボの凄いところは、何と言っても強いところでしょう。
トンボの脚、あれ不思議に思いませんでしたか?なんであんなに曲がってギザギザしてるんだろうって。
実はあの脚がトンボの最大の強み。
トンボは獰猛な肉食昆虫で、大好物は小さな昆虫。つまり、ハエやカみたいな嫌われ者たちを優れた飛行能力で追い回してスイープ(掃討)して生きていますが、小さな昆虫を捕まえるときにはあの特徴的な脚はカゴの役割を果たします。
高速でハエやカを追いかけて、脚でキャッチしたら、頑丈なアゴで生きたまま食べる。30分くらいで自分の体重分の虫を捕まえてしまいます。優秀!
もちろん無敵ではなく、鳥や人間なんかは天敵ですが、それでも十分に強い虫。空の王と呼ぶに相応しいスペックと風格、歴史を備えた虫、それがトンボなのです!

ちなみに、トンボは水の中でも結構最強で、ヤゴ(トンボの幼虫)時代は水生昆虫としてその暴力性をいかんなく発揮します。エサは小魚や昆虫、そしてボウフラ。やり方(殺り方)は持ち前の鋭いアゴでスピーディにキル&イート。特にボウフラは好物みたいで、飼育する場合にも餌として使います。

蚊にとっては幼少期も大人になっても天敵ってことですね。

身近な友達で、小さい頃から関係が変わっていないいじめっ子といじめられッ子がいたら、それは蚊とトンボの生まれ変わりかも知れないですよ。

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中