はじまりの場所

昨日は大学時代のサークルの先輩方の忘年会に参加するため、神楽坂に。

神楽坂

 

俺が楽器を始めたのは大学から。遅咲きの大学生だったから、20歳のとき。

先輩達は、俺の初心者時代を良く覚えていてくれる。

学生時代の練習場所だった部室(俺たちはBOXと呼んでいた)はもう施設ごと存在しないけど、あの重い鉄の扉を開けたときのことは今でも鮮明に覚えている。

あのとき、開けた扉の先は、今につながる道だった。

 

先輩達にいじられながら飲むお酒は、心から気持ちの良いものだった。

ここから俺、始まったんだったなあ。人生が大きく変わる場所、出会い。その瞬間瞬間が思い起こされる。

ひとつひとつの気持ちが、鮮明に蘇る。

 

 

心から美味しいお酒と、顎が外れそうになるくらいの楽しい時間の余韻に浸りながら、帰路についた。

 

 

さて帰り道、近所の商店街を通りかかった。

2012-12-30 00.04.23

 

夜12時を回っていたと思うけど、近所の高級鮮魚店では、アクティブに売り出しの準備をしていた。

軒に並べられていたのは数の子、かまぼこ、なます・・・そうだ、もう年末なんだな。

真っ暗闇の商店街で煌煌と輝く高級鮮魚店の光を見ながら、年の瀬の空気を感じた。

 

 

 

 

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中