お楽しみは、これからだ!

早いもので1年。

ヴードゥー・ダック・スターズのプロトタイプセッションが去年の12月。そこからバンド結成に至り、初ライブをしたのが4月9日。まだ肌寒い春のことだ。あれからライブやイベントをこなし、気がついたら1年経過していた。ブランクで鈍りまくっていた当時のことが、今はもう遠い昔のことみたい。個人的にも、初の作詞作曲、初のベースボーカル、初のイベント主催等等、初物づくしの1年だった。1年前の自分と比べても、多少はマシになったかな。ベースの技量とか、色々。この年末、そんな感じ。

 

 

さて、過去の話ばかりをしていても仕方ないから、未来の話を。 この1年、とにかくがむしゃらに「やりたいこと、やれること、やれるべきことを全てやり尽くす」という意欲で活動してきた僕らだけど、少しとっ散らかしたかな?っていう印象がある。イベントにしても、ライブにしても、ペースは良いとしても、もう少し完成度を高める方法や考え方がある筈。これは1プレイヤーとしても、同じ。もっと精度を高められる筈。

 

 

皆と話したわけじゃないけど、個人的には今年やった「鴨の恩返し」や「暴動!ダックスターズ」の完成度を高めて、来年も継続したい。もちろん、ブーガルやドッポみたいなところでのライブも当然のようにやる。ただ、今年のクオリティでは無く、もっと楽しくて面白いものにしたい。同じことじゃ、やってる当人含め、参加する皆がなんか萎えるからね。そのためには、年間でどこに何をやっていくのか、ざっくりした流れを考えないといけない。逆算して段階踏んで準備すれば怖いものなし。

 

 

1メンバーとしては、ただいま新曲の制作に着手している。ベースも、ちょっと新しいことに取り組んでみている。(新曲といえば、「あの人」も何か用意しているらしい。) 12月のライブからしばらく開いて、次がいつかはまだ調整中だけど、その「いつか」は遠い先では無いし、そこで登場する俺たちは、この前の俺たちでは無い。皆、この時期に出来る限りの挑戦を続けている。次の練習が楽しみ。そしてまた、次のライブ、イベントで新しいヴードゥー・ダック・スターズをお披露目できることが楽しみで仕方ない。バンドのある生活は、やっぱりいい。出来る限り、続けるさ。

 

 

さてさて、2012年も残すところあとちょっと。これからまた練習して、風呂入って酒と音楽にまみれる時間を過ごしながら、3回目の年男の余韻に浸ることにします。明日のために。また明日から、色々やんなくちゃ。楽しい日々を過ごすために妥協は無しだぜ。まだまだ、この先もっと面白いことがあるに違いない。そこを目指して進むのだ。

「お楽しみは、これからだ!」

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中