鴨の覚悟

人前で楽器を弾く事とか、ライブをやることについて、世の中には様々な意見がある。大体はポジティブなものだけど、中には「どうしてそんなことをやっているんだ」っていう意見もある。つきつめると「お前みたいなヤツが、人前で、しかもお金を取って演奏する。道理がおかしいのではないか?」ということが言いたいらしい。これに対して、長年自分の中には反論する言葉が無かった。自分の正当性を説明できない。

;

;

「好きだから」と言う話。間違いも嘘も無い。純粋に「好き」っていう気持ちは説明できる言葉。しかし、好きだけじゃ恋愛だって発展しない。そもそも、「好きならタダでやれや」っていう二の矢に対しては、答えられない。

;

;

この手の批判や悩みは、こういう活動の付き物みたいなものだ(と俺は思っている)から、整理しておくことは大事だと思う。生活の中で、自分の音楽が危うかった時代がある。そういう時、ズシッと来る。しまいには、自分が自分を追い込んで非難されている錯覚にとらわれる。自分が自分の活動を評価しない(できない)暗闇に陥ってしまう。自分や他人も含めて「批判」に対して「反論」が出来なくては、負けと同じ。

;

;

俺のやっている音楽とか、表現活動は、特別な教育を受けた誰かのものではない。(音楽の側にはこう考えていない輩もいるけど。)主たる表現者になる権利や資格は、誰にでもある。それは、他人がつべこべ口を差し挟むことではない。「表現」によって生じる「良いか悪いか」は「結果」。「結果」には「評価」が伴う。その「評価」を推し量るひとつの材料として「お金」があると考えている。あらゆる社会的な活動と何にも違いは無い。

;

;

いい結果を得られるように、俺たちは毎日練習もするし、曲も作る。大勢の人からポジティブな評価を得られることは、何者にも代え難い実り。「良い」とか「カッコいい」とか「うねうねしてる」って言われるために生きているようなもんだ。評価を他者に委ねるつもりはない。だけど、音楽で得られる評価は、びっくりするぐらい的を射たものが多い。ネガティブな評価の中には学ぶ事、克服するヒントが詰まっている。スタジオに籠って曲をインターネット経由で発信し続ける方法のあるけど、ライブで生で観てくれた人、聞いてくれた人の評価は、本当に勉強になる。

;

;

だから、俺たちはライブをやる。もちろん、今後もチケット代と無縁でやるライブは数多くはないけど、まずはお金を払って観に来たいと思えるか。そこから俺たちへの評価が始まっている。「観に来ない」っていうのは確かな評価。ライブが今の俺たちの活動に対する承認の場であり、検証の場である。ここを軸に、様々な感情のやりとりがなされる。人前でやることには、充分過ぎるくらい意味がある。

;

;

自分たちの活動や音楽を人前に晒すっていうのは、それなりの覚悟がある。自分の作った曲やフレーズは自分の子どもみたいに可愛いけど、酷評されることだってある。正直、傷つく。だけど、そこで落ち込んで突っ伏したままか?膝を払って立ち上がるか?俺たちは、後者の道を選び続ける。多分何度でも立ち上がる。時間がかかることもあるけどね。

;

;

鴨は水面はのんびりしているように見えるけど、水面下ではじたばたじたばたしながら生きている。鴨として生きる覚悟を負って。

;

;

なんていうお話でした。笑い無しでゴメンナサイ(笑)

申し訳無いついでに、可愛い鴨の動画をご覧ください・・・

;

;

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中