錯覚

懐かしい人の夢を見た。
遠い昔、まだ僕が子どもの頃にお別れして、ずっと会っていない人。
夢の中だけど、それはとても嬉しくて、何ともいえない面映さ。そりゃそうだ。その人は僕が覚えている最後のときの姿のままなのに、僕は今の自分だ。
どんな夢かは忘れてしまったけど、この感覚だけを携えて今朝を迎えた。
錯覚だとすれば、良い錯覚。この感覚は確かなことだった。
もう二度と会えないと思っていた人に、こんな形で再会できるなら、夢でも錯覚でも構わない。手応えのある方が本当なんだと今の自分は強く思う。

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中