初心

ジュディマリの曲を個人練習でやっている。
ごくごく最近の話。
ベースさわりだての学生時代、先輩バンドのヘルプ命令により、一週間で15曲くらい覚えた思い出のジュディマリ。
簡単な曲でも苦労していた初心者時代にジュディマリの15曲は試練だった。しかも僕がヘルプでベース弾くのは先輩方の卒業ライブ。ものすごいプレッシャーの中で、何とかやらねば魂に火がついた。
スタジオ練習とは別に、1日で10時間くらい弾いた。弾けるようになる曲もある。しかし、物事思い通りに行けば神様なんていらないわけで、どうしても上手くやれなくて悶絶した曲もあった。

ジュディマリの「バスルーム」。
これがどうしても弾けない。弾いても弾いても上手くやれなくて、ムキになって弾きまくっていた。
そしたら、ライブ2日前に左手人差し指が裂けてしまった!
グリッサンドした瞬間にラウンドワウンド弦に血糊がベトっと付いた瞬間、妙な脱力に襲われた。これが、崩れ落ちるという感覚か、、、
ひとまず寝て起きて様子を見たが、当たり前だが良くなる筈はない。
結局その日から人差し指にはガムテープの固定を入れて、それで弾くことにした。
ライブの出来は、、、だった。
でも、やる気があればどうにか出来ると感じたのは手応えだった。
ジュディマリはしばらく特訓メニューとして、その後も弾き続け、ザ・カンツの初期くらいまでは色んな曲を練習した。

初心。まだまだ上手くなれるし、大好きな先輩や仲間と出す音に感じる幸せ。
あのドキドキ感がジュディマリとともに蘇る楽しさ。
忘れては、絶対にダメだと気持ちが新たになった。

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中