1/3 PUNHALADA@大塚MEETS

1月頃の更新で、個人として参加したライブについてあれこれ記述する、みたいなことをお知らせしましたが、その第一弾です。今回は2015年1月3日に大塚MEETSで観たPUNHALADAのライブについて。

PUNHALADAは、スラッシュメタルのバンドで、男性3人組。奇しくも僕らヴードゥ・ダック・スターズと同じ編成。

ギター&ボーカルのIWANE氏は大学の先輩でもある。

個人的にはメタルのバンドのライブにはあまり縁がなかったので、果たしてきちんと楽しめるかどうか・・という思いは当初あったけど、名古屋からツアーでやってくるし、生で体験できる機会はそうそうないので、観に行かせてもらうことにした。

久しぶりの大塚。懐かしい街。この隣の巣鴨に約8年住んでいた。だいたい勝手はわかる。でも、大塚MEETSがわからない。昔、同じ場所に別の名前のライブハウスがあった記憶が・・・と思い行ったら、同じ場所。名前が変わってたのね・・・

さて、ホールへ。酒とタバコの香りが入り乱れる、暑苦しい空間。ライブハウスそのもの。企画物らしく、いくつかの対バンさんも出演していた。皆、色とりどりの魅力的な音の渦を作り出していた。

やがて場はPUNHALADAのライブに移り変わる。

その内容は、想像を絶した。

3人とは思えないほど、重厚で、硬質な音。難解なヘヴィリフを刻みながら、言葉を吐き散らすギター&ボーカル、タイトでソリッドなリズム隊。まるで無駄の無い、シェイプされた肉体のような、有機的な躍動感。

「メタルとはこういうものかぁぁぁぁぁ」という濃厚な内容。30分くらいだったかな?時間の感覚が無くなるくらい、熱くて楽しくて、激しいライブだった。

ライブ後、久しぶりにお会いした先輩は、当時の面差しを残しつつも、とても鋭いいい顔をしていた。音楽をやり続ける、音を出し続ける。そういう信念と自信がにじみ出ていた。お話をしていて、そういう気持ちを少し分けてもらえたような気がした。

ヴードゥ・ダック・スターズはかれこれ活動休止だけど、音を出す、模索する方法はいくらでもあるし、諦めるなんてありえない。僕自身も、早くそこに戻れるよう、がんばっていかなくてはいけない。

帰り道、首の筋肉痛に苛まれながら、そんなことを考えていた。

 

 

本当に、素晴らしいライブだった。

 

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中