3/26 さくら学院(The Road to Graduation 2014 ~ Be ambitious, Memorial Summit ~):TSUTAYA O-EAST

さくら学院に関してのチケット運は、自分では良いと思っていない。

公開授業は前回のブログで書いた3/7までは全敗だったし、今回書く3/26も同様。ところが救いの手を差し伸べてくれる方がいた。余ったから譲っていただけるという。本当にありがたいお話を二つ返事で受け、僕はこの日を迎えることができた。

 

さて、僕にとってはこの日が初体験ということもあって、全てが新鮮。

 

ライブ前の注意事項を伝える影ナレを3年生の4人(水野由結さん、菊地最愛さん、田口華さん、野津友那乃さん)が担当することであるとか、セットリストを「プロデュース委員長」である水野由結さんが考えることであるとか、様々な部分に「自分たちで考え、やり遂げる」という哲学が散りばめられていた。特にセットリストはバンドによってはつかみ合いになる(ところもある・・・ヴードゥ・ダック・スターズは違うけど)と聞いているが、それをメンバーの一人が考えて、他のメンバーと調整して、最終的な形にするというのは、聞いたことがない。10代の女の子にそこまで責任を負わせる周りの大人の覚悟もさることながら、それを負い続けている水野さんの覚悟も相当なものだと思うのだった。

 

「心がこもっている」というと陳腐な表現になるが、この日ずっと感じていたのは、やる側の「心」が常に身近で、それで押し付けがましくも無く、お行儀よく寄り添ってくれているような、そんな想いだった。

 

一方で、彼女らがこなすステージは非常に激しい。

 

You Tubeや様々なお話では聴いていたさくら学院のライブ。相当凄いというのは聞きかじりで知っていたはいたが、実際体験してみるととてつもない。結論を先に言えば、尋常ではない娘たちの「尋常ではない」部分を見せつけられた思いだった。さくら学院の「生歌」へのこだわりの強さは各種映像作品でも観てきたつもりだったけど、生で見るととんでもないことだと分かる。彼女らは、難しい振り付けをこなしながら、強く大きな声で歌う。歌もダンスも、100%。キラキラ笑顔も100%。合計300%のティーンエイジャー。曲が終わる度に息を整えたり、水分を補給する姿は、その内容が過酷なものだということを表しているようだった。(僕なら1分で倒れるだろう・・・誰も見たくはないだろうが)

 

彼女らが影で積んでいるであろう練習や努力の質と量の物凄さが、ひたむきさが伝わる思いだった。

 

以前にも書いたが、さくら学院は中学3年の3月(つまり義務教育終了)と同時に「卒業」という決まりがある。この10人でライブをやるもの、今回の3/26を除いたら卒業式のみ。「やる側」な想いが痛いほど伝わる。限りがあるからこそ、何かを残そうともするし、懸命に伝えようと努力する。限りあるものの、純粋さ、必死さはとても眩しい。

同時に、そこに大きな感動と「未来」を感じる。彼女らはまだ、十代ある。この日に語られた「夢」を誰しも持っている。そういう意味で、さくら学院は「通過点」でもある。この事実は、少なくとも僕のような「俄か」には戸惑いを感じるが、今の彼女らの「姿」をしっかりと心に刻み、その「夢」が叶うことを見ていたいし、今いる子達の成長を見守りたいという、これまでに無い不可思議な気持ちを強く感じるのでした。

 

 

【セットリスト】

01. ベリシュビッッ
02. 負けるな!青春ヒザコゾウ
03. ご機嫌!Mr.トロピカロリー
04. FLY AWAY
05. I・J・I
06. オトメゴコロ。
MC.
07. マシュマロ色の君と
08. さよなら涙
09. アニマリズム
10. Hana*Hana
11. Message
>アンコール
E01. 君に届け
E02. FRIENDS

 

 

※最後に、この日のチケットを親切に譲ってくれたまこさんに、心から感謝申し上げます。


3/7 さくら学院(公開授業1限目):はまぎんホール ヴィアマーレ

BABYMETALに「全面降伏」したあの夏から数えて約半年、その「ルーツ」である「さくら学院」の公演に脚を踏み入れた日のお話。

これまで音楽やお芝居など、数々の「ライブ」を体験してきた僕も、この「さくら学院の公開授業」ははじめて。想像もつかない世界なので、楽しみな気持ちと軽い不安な気持ちを持ってこの日の朝を迎えた。

タイトルに「1限目」と書いてある通り、1日に複数のステージを行うスタイル。たまたま取れたのが11:45からの「1限目」という会。この手のステージものとしては、結構時間が早い。自分の家からだと1時間強の場所なので、土曜日にも関わらず結構早起きをした。

紆余曲折を経て、桜木町駅に到着。生涯初のアイドル体験。面映い気持ちと裏腹の期待感で非常に落ち着かないまま、開場まで待つ。

入場。席順の「くじ引き」を経験。引いたら、前から2列目(D列の上手階段前)を引く。席に着き、ステージとの余りの近さに言葉を失う。この時点で最早充分過ぎる。絶句。

 

 

そして開演。「書の授業」というのが今回のテーマらしい。この回に登場したのは、田口華さん、野津友那乃さん、大賀咲希さん、山出愛子さん、岡田愛さんの5人。いずれも若い・・・そして、キラッキラッしてる。すげぇ・・これがアイドルさんか・・というのが正直な気持ち。近いから、身体からにじみ出ているオーラが常人と異なるのがリアルに伝わる。特に僕の座席の本当に目の前が田口華さんの立ち位置だったから、ディテールや立ち居振る舞いまで、本当に良く見えた。

20141018191804

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田口華さん。容姿も素晴らしいですが、めちゃくちゃ気配りやさんな印象でもありました。

 

「授業」というだけあって、テーマに沿った様々な「学びと表現」が「公開授業」の最大の見所なんだと思う。最初はネタに走っていた子でも、「書」を通じて自分を表現する、ということを考え、学び、実践する、という過程が非常に興味深かった。ちょっとづつ、自分の中にあるものを、書を通じて表現できるようになっていってた。その流れは本当に面白かった。

僕の行った会は、2人(田口さん、野津さん)が卒業を控えているということもあって、彼女らの「表現」の中には「卒業」を感じさせるものは多かった。

hqdefault

 

 

 

 

 

 

 

 

中でも田口さんの作品「道」は、その後のエピソードと考えると、覚悟がにじみ出ていたのだなあ・・・と、今にしてしみじみしてしまう。

 

なんとも夢見心地な1時間ちょいが終わり、なんとなく非現実と現実の境界が曖昧なまま、帰路についた。とにかく一生懸命色んなことに挑戦している姿は、やはり美しいし気持ちが良いと思ったが、どうもそれだけではない「暖かな気持ち」が自分の中に生まれていた。

 

音楽も芝居も無いステージを見て、不思議と得られる感動が、自分の中に存在する不思議を感じつつ、「次も行こう」と思うのだった。

 

※その後、3/26、3/29とさくら学院は立て続けに参戦することになるが、またそれは別の機会に。