6/21 BABYMETAL(WORLD TOUR 2015 ~巨大天下一メタル武道会~):幕張メッセ

約半年ぶり、2回目のBABYMETAL。

前回のさいたまの時が異様に舞い上がっておかしなテンションだった上に、ライブの記憶もぶっ飛ばしてしまったことは以前にもここで書きましたが、今回は「しっかりと堪能する」ことをコンセプトにライブに臨みました。

やはり、ライブは味わってこそ。SU-METALさんの歌声、YUIMETALさんのダンス、MOAMETALさんの表情、神バンドの卓越した技量、楽曲・・・はしゃいで全て忘れてはもったい無い。ライブは一期一会。その時の姿をしっかりと見聴きしたいですからね。

「堪能するライブ」のためにはしっかりとした準備が必要。21日の午前午後が「業務」の予定があって荷物やらスーツやらを輸送しなくてはいけないことがわかっていたので、前日20日の内にコインロッカーを確保するために幕張へ。首尾よくコインロッカーを確保し、会場となる3ホールあたりを偵察つがてらぶらつく。時間は午後。不意に聴きなれた声が「あわあわ」と言っているのが聞こえた。当日の開場が早い(15:30)ことを考えると前日にゲネプロをやるであろうことは予想できていたが、まさか本当にぶち当たるとは・・。自分の方が「あわあわ」な気分だったが、あまりにもいい声なので聞き惚れていると、やがて「聴いたことない曲」がはじまった。冷や汗。自分、ネタバレだめっす!無理っす!と(誰もいない廊下で叫んで)その場を逃げ去りました。パーティの支度を覗け無い自分、小心者。

さて、時間は一気にライブ当日へ。

前の予定が若干押した関係上、幕張への到着予測はかなりギリギリ。荷物を置いたり着替えたりして会場到着したのは開演5分前。ここで痛恨の事態。同じ日にメッセでやってた「ゲスの極み乙女。」の入場列に並んでしまうというアクシデント(自爆)に見舞われ、貴重な時間を5分ロス。幸い、「ゲスの極み乙女。」のファンの方が「ベビメタあっちですよ」と親切に教えてくれたおかげで5分ロスでエスケープ。結局、会場に入ったのは17:03。いい人がいたことと、開演が押したおかげで、助かった・・感謝感謝感謝・・・

僕はBブロックというところの後方に陣取る。場所でいうと以下のイメージ。

スライド1

 

 

 

 

 

 

 

 

3人の超絶な女の子と4人の超絶プレイヤーを堪能するにはベスポジ。当初のコンセプトは墨守。

やがて、SEが切れ、客電も落ち、ライブがはじまる。僕にとって半年ぶりのBABYMETAL。MOAMETALさんが途中叫んだ「みんな会いたかったよーーー!!!」は、むしろこっちのセリフじゃ!俺も会いたかった!

BABYMETALのライブは客席も激しいという。実際そういう場面も話もたくさん聴いて来たけど、僕がいたBブロックはメリハリが効いていたのか、後ろに下がって聴く人と真ん中辺でモッシュッシュをする人が綺麗に分かれていた印象だった。おかげで、聴きたい曲をしっかり聴くことができた。

凶暴なのにポップで中毒性が半端ではない未発表曲「あわだまフィーバー」や、神バンドの超絶ソロ回しと女の子たちのダンスがとにかく楽しい「Catch me if you can」、リンプが出てきてローリンしそうな「おねだり大作戦」、SU-METALさんのダンスと歌が妖気すら放つ「悪夢の輪舞曲」など、好きな曲をたくさん聴くことができた。

中でも、紅月でのギタリスト(藤岡さん&大村さん)とSU-METALさんの花道での絡みは本当に美しかった。超絶ギタリストの壮絶なソロを背中で流す女子高生は、この世に二人といないでしょう。

20日にニアミスした新曲もあった。タイトルは不明。気になっちゃってどうしよう、というのは聴き手の心情を物語るものなのかどうなのか。

 

 

総じて、ライブはさいたまの時よりも素晴らしかった。SU-METALさんの歌声は前よりも力強く、何度も感極まった。位置的にほぼ真横から見ていたおかげで、3人の連携や神バンドとの絡みが非常にわかりやすかった。真横だと、YUIMETALさんとMOAMETALさんがほぼ交互にやってくるので、3人をバランス良く見ることもできる。超という言葉では説明できないくらいの美少女。それも容姿がいいだけではなく、それぞれが個性的でカリスマ性豊かで、ダンスも表現力も爆発的。こんなグループ本当にいないと思う。

胸に去来する様々な思いをいなしつつ、ライブは後半戦へ。曲は、彼女らのアイコンとも言うべき「イジメ、ダメ、ゼッタイ」。やや後ろに下がり気味と思っていた自分が、実は引き寄せられるように前に移動していたことがここでわかる。ちょうど、WODの外側にいたのだった。※以下イメージ画像

B7I_fp8CMAEUYeu

 

 

 

 

 

 

目の前大体こんな感じでした。刹那、脳内作戦会議。

(BGM:「イジメ、ダメ、ゼッタイ」イントロ)

僕A「どうする?ここはコンセプトを墨守すべきではないか?」

僕B「いや・・郷に入っては郷に従うというのも法だろう・・」

僕C「せっかくの機会だ・・こういう楽しみもひとついいのでは・・?」

僕D「だけど怪我したら嫌だしなぁ・・」

–ここでSU-METALさんシャウト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全僕

「いけええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・当初のコンセプトは、かなぐり捨てられました。

んで、最後まで真ん中辺でわちゃわちゃし通してライブ終了!

結論は、めちゃくちゃ楽しかった!

 

確かに、外見だけ見ていると危ないように感じるし、実際転んだりする人もいます。でも、そういう人に手を差し伸べてさっと助け起こす人もいるのです。そう、ルールが無いように見えて、実はちゃんとルールがある世界なんです。ぐるぐる回りながらハイタッチするのなんか、一度やったら癖になりますね。やばいものの味を知ってしまった気がします。

 

 

じっくり聴くのもいい。身体で味わうのもいい。とにかく、他の誰かを危ない目や不快な気分に合わせなければ、自分のペースで楽しめる。やっぱりライブってこういうものだと、改めて思いました。

 

 

音楽って、エンターテインメントなんですよね。それって、誰かから「こうしろ」と言われて強制されるものでもなんでもなくて、全て「自分起点」なんだと思います。でもそれは身勝手でいいということではなくて、他の人の楽しむ権利を実は自分が守っているし、誰かに守られている。ごくごく当たり前の気づきですが、人の中で揉まれながら汗を流すのも楽しみなら、じっくり聞き惚れて熱い涙流すのも楽しみ。楽しみ方に唯一の答えなんか、存在し得ない。あるのは「楽しい」という気持ちだけ。ライブが終わったら、へとへとの笑顔で「最高だった」と肩を叩きながらお酒を飲む。この笑顔で終われるっていうのが、(まだ2回目ですが)毎回いいなあと思うのです。

 

 

BABYMETALは、この幕張の前まで約1ヶ月くらい海外ライブの嵐の中にいました。正直、かなり過酷なスケジュールだったので、端から見ている僕なんかは(そんな資格もないのに)ハラハラとアタフタとしていました。幸い、彼女らはこの「苦行」を乗り越え、さらに成長した姿で、楽しませてくれました。そしてこの「楽しさ」を必要とする自分はまだいるし、同じように感じている人は世界中にいることでしょう。

また夏には海外公演があり、秋には全国ツアーも(ついに)組まれました。日本が、世界が笑顔のピットに引きずり込まれることは、疑うべくも無いと思います。より大きな「現象」が生まれることは、もう期待でもなんでも無くなったと、この幕張のライブを観て強く感じるのでした。

彼女らのさらなる成長と挑戦の物語の続きが楽しみでならない。

僕はまだまだ楽しみ足り無い!

IMG_6938

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆セットリスト
—:紙芝居
01:BABYMETAL DEATH
02:ギミチョコ!!
03:ド・キ・ド・キ☆モーニング
04:ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
05:あわだまフィーバー
06:Catch me if you can 神バンドソロ
—:紙芝居(BBM幕張ver)
07:おねだり大作戦
08:紅月-アカツキ-
—:神バンドソロ
09:悪夢の輪舞曲
10:4の歌
—:紙芝居
11:新曲
12:いいね!
13:メギツネ
—:紙芝居(IDZ)
14:イジメ、ダメ、ゼッタイ
15:ヘドバンギャー!!
—:紙芝居(RoR)
16:Road of Resistance
—:紙芝居(国内ツアー)

 

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中