5/6 「さくら学院 2015年度 ~転入式~」:恵比寿ザ・ガーデンホール

前回の卒業式で時間停止した感覚もある中、さくら学院に新たなメンバーが加わるイベント「転入式」に参加することができた。このイベントを目の当たりにできたことは身に余る幸運だったとしか言いようがない。

会場となった恵比寿ザ・ガーデンホールは決して広くない。感覚的にNHKホールが残っている。なので余計に小さく感じた。おかげで席はかなり後ろの方でもステージを近く感じるができた。今日が2015年度のはじまり。僕にとっても、言わばここからはじまる日なのだ。なるべく多くのことを観て聴いて感じようと、感覚的ハリネズミのような面持ちで開演時間を待った。

やがて開演。

ステージには、6人の女の子たちが堂々と居並ぶ。最後に見た卒業式が10人だったから、やはり少なく感じる。一曲目はハーモニーが美しい「School days」。指揮は大賀咲希さん。人数が少ないからハーモニーもどうなるか・・と思いきや、一人一人の声が強い。ハーモニーも、太い。人数が減ってもやれるように練習した後が明らか。いきなりすごいものを叩きつけられた思い。その後も、さくら学院の代表曲ともいう曲を次々披露していった。6人とは思えないほど、ステージを目まぐるしく動き、大きな声で歌っていた。正直、ここまですごいとは思わなかった。人数の不利は、まるで感じなかった。

後半に差し掛かり、いよいよ待ちに待った転入生のお披露目となる。ここでサプライズが・・担任の森先生から在校生に「探してこい」とのお達し。僕のテンションは俄然浮き立つ。だってどう考えても既に決まっている筈なのに探してこいって・・プロレス好きでもある僕としては、こういうアングルは大好物。いや、どちらかといえば昔のタッグパートナーを見つけてこい!みたいなアレにすら近い世界・・・・連れてきた転入生がストーンコールド・スティーブ・オースティンみたいなのだったらどうしよう・・とか、頭の中でジェリー・ローラーの甲高い「oh!no!」みたいな声が聞こえたり、しばし一人悶絶。※興味のない人はこの箇所は読み飛ばしてもOKです・・

SCSA

 

 

 

 

 

 

ちなみにストーンコールド・スティーブ・オースティンとはこの人。「WHAT?」

 

・・・なんていうプロレス話は置いておいて、在校生は順調に転入生を「発見」する。このアングル考えた人は、間違いなく(紙一重の差で)天才だと思う。

 

 

 

さて、発見されてくる転入生は、一目見ただけでものすごく個性的で、魅力的な輝きを放っていた。

小さいながらも莉音さんをステージで持ち上げてみせた「華の遺伝子を継ぐ者」藤平華乃さん、見事な英語で「FLY AWAY」と発音した日高麻鈴さん、なぜか紅生姜に強いこだわりを持つ麻生真彩さん、半ば無茶振りのエアダブルダッチを見事にやってのけた岡崎百々子さん、(中2にもかかわらず)タレントとしての経験が豊富で安定感抜群のプロフェッショナル黒澤美澪奈さん。中でも印象的だったのは、謎の眼鏡っ娘、吉田爽葉香さん。彼女が登場した瞬間、僕の後ろに座っていた3人くらいの若い女性が一斉に「きゃああああああああああああああ!!!!!!!!!!かわいいいいいいいいいいいいいいいいい」と叫んだのは、これを書いている本日時点でも鮮明に残っている。確かに、異次元感がある。森先生じゃないが、CG的。好きな食べ物はレモンだそうです。レモンは正義。決まりですね。

一方、大賀さんはここでも持ち前の天才ぶりを披露。連れてきた「しずくちゃん」は・・・・・うん。最高だった。でも、完全にないことになってますね。趣味はレシート集めだそうです。(面白かったからまたやればいいのに・・・)

そんな個性豊かな6人が、2015年度に新たに加わった仲間。そしてそれを引っ張る5代目生徒会長には磯野莉音さん。教育委員長には、先刻のしずくちゃん事件で大いに楽しませてくれた大賀咲希さん、2代目トーク委員長には白井沙樹さんが任命された。(一人購買部は面白かったのだけど、同時に白井さんの熱い思いを見るようで、一瞬泣きそうになる自分がいた。少し不思議な感じだった。)

ここに、中1になった岡田愛さん、山出愛子さん、黒澤美澪奈さんの加入で唯一の中2ではなくなった倉島颯良さんを加えた、個性豊かな合計12名。

居並ぶと、最初の6人の状態が刷り込まれているせいか、ものすごく迫力がある。改めてどの子もとてつもな伸び代を持っていることは一目でわかる。在校生の頑張りどころもここからだな、というのも本人たちが強く自覚していることだと思うが、客観的にそれは見て取れた。3月から比べると、みんなお姉さんの顔になっている。立場が人を作る、というのは、あながち間違いではないのかもしれない。特に会長として1年間みんなの先頭に立つ磯野莉音さんは、とても強い、いい顔をしていた。心配だ、という声も会場からはちらほら聞こえたけど、あの子なら大丈夫だろう。そして、ここから強くて優しい切磋琢磨の物語がはじまる。

僕にとって、まさしくここからが本当のスタート。

2015年、この個性的なメンバーでどんな感動の物語を見せてくれるのか。とにかく今は期待で、楽しみな気持ちでいっぱいだ。

◼️セットリスト

1. School days
2. 顔笑れ!!
3. Hello!IVY
4. FLY AWAY
5. オトメゴコロ。
<ホームルーム 転入生紹介>
6. 負けるな!青春ヒザコゾウ
7. FRIENDS
【アンコール】
<生徒総会 2015>
8. ベリシュビッッ
9. 夢に向かって

広告

One Comment on “5/6 「さくら学院 2015年度 ~転入式~」:恵比寿ザ・ガーデンホール”

  1. […] 目的は昨年秋以来ハマっている「さくら学院」と、その卒業生であり初代生徒会長である武藤彩未さん。この2つのアクトを観ることにある。思えばさくら学院は、今年5月の「転入式」(新メンバーのお披露目の場)以来、現メンバーでのパフォーマンスは見ていない。武藤彩未さんに関しては周囲の評価は絶大で興味はあったがライブで見たことがなかったので、一度この目で見たいと感じていた。幸い、一般的な音楽フェスと違いチケット代が比較的割安なことと、お台場エリアというアクセスの良さもあり、二日間通しのチケットを確保した。 […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中