歌のグルーヴ

昨年夏、鮮烈という言葉で言い表せ無い衝撃を僕に与えてくれたSU-METALさん。1月のキツネ祭りの感想で「上手いなんていうレベルでは無いボーカリスト」とお伝えしましたが、今回はその「凄さ」に、僕なりにアプローチしてみたいと思います。

 

 

SU-METALさんの歌についての評価をする場合、あの「突き抜ける美声」を挙げる人は多いですし、実際あの「声」は彼女のトレードマークと言ってもいいと思います。力強いロングトーン、細い身体から想像もできない声量は印象的ですね。ただ、SU-METALさんの歌は、単に声の魅力だけでは説明付かない「何か」を感じている方もいるのではないでしょうか。

僕が感じるのは、SU-METALさんの歌は物凄く「ノリ」がいいんです。ここで言う「ノリ」というのは、別の言い方をすると「グルーヴ」とも言うやつで、リズムのメリハリ・テンポキープ・音のニュアンス・ビートなどなどを総称した「音のうねり」とでも言うべきもので、かっこいいバンドアンサンブルには必要不可欠な要素なんです。逆にこの能力が弱いと、ペタっとしたメリハリの無い歌になり、聴いた人の多くはそれを「面白くない」と評価すると思います。

ちなみに僕がSU-METALさんの歌において、その「ノリ」の良さを感じたのは、以下の2つの動画を見た時です。

1本目は、彼女らのデビュー曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」。リリースは2011年の10月なので、SU-METALさんは13歳ですね。実際のレコーディングは多分12歳頃だと想いますが、小学生に歌わせるには相当ハードルの高い曲だと思います。マシンガンのような早口言葉のAメロ、サビへのブリッジとしての側面が強く、軽く流す感じのBメロ、跳ねながら疾走するサビ、というカオスな構成の歌を、まだ幼いSU-METALさんは実にさらりと歌いこなしています。

レコーディングだと判りにくいですが、ライブではSU-METALさんは持ち前の「グルーブ」を遺憾なく発揮しています。Aメロの早口言葉は小気味よく可愛らしく、やや抑え気味なBメロからサビで爆裂させる、という流れを深いメリハリをつけながら見事に表現します。僕の中での聴きどころはサビのリズムセクション(ドラム青山さん、ベースBOHさん)とSU-METALさんの連携。

ここはSU-METALさんは全て歌い方を変えていて、「りんっりんっりんっ」の歌い方一つとっても全部変えてるんです。ドラム・ベースの跳ね方のニュアンスを感じながら意図的に「調整」をかけつつ、ぐいぐいと疾走する。細かく聴いていると、ドラムとの「対話」は多いですね。しかも、あくまでも曲で演じているキャラクターは可愛らしさを基調としています。これらを全て表現するSU-METALさんは「本当に何者なんだ」と感じです。

2本目は何度か紹介している「イジメ、ダメ、ゼッタイ」のライブバージョン(ソニスフィアのファンカム)です。僕が完落ちした彼女らの代表曲ですが、こちらではSU-METALさんの「ノリ」のもう一つの魅力である「疾走感」を堪能できます。

「ノリ」にも色々あって、SU-METALさんは比較的「前ノリ」。それがこういうスピードチューンには見事にはまると思っています。ちなみにSU-METALさんの「前ノリ」を確認しやすいのは、こちらの動画。

さくら学院の「My Graduation Toss」。この曲の1分近辺からソロパートになりますが、比べて聴くとここでソロを取る中元すず香(SU-METAL)さん、堀内まり菜さん、佐藤日向さんの3人がものの見事に「ノリ」が違うんです。つまり、最初のソロの中元すず香さんは「突っ込み気味の前ノリ」、次の堀内まり菜さんは「結構後ノリ」、最後の佐藤日向さんは「ほぼジャスト」。3人それぞれ上手い人ですが、リズムの取り方などにはそれぞれの癖とか個性とかそれまでの音楽遍歴なんかも影響するので、こんな感じで分かれることもあるんです。(個性なので、良し悪しの話ではない、ということはお断りしておきます。)

さて「イジメ、ダメ、ゼッタイ」に話を戻すと、SU-METALさんの「独特の前ノリ」は、この疾走系のスピードチューンにおいてはとてつもない「推進力」として機能しています。バンドをぐいぐいと声で引っ張り、オーディエンスにずいずいと切り込んでいく、「声の槍」ともいうべきものですね。

 

 

さて、バンドを引っ張る強力な「推進力」と、バンドと連携しながらリズムを丹念に紡ぎあげることができる「センス」。この二つがどうして彼女の中で同居し得るか、ということも少し考えてみたいと思います。

僕が、SU-METALさんの歌の魅力を探求する中で印象的だったのがこの映像です。

この時、11歳。この歌の中でSU-METALさんの何が特徴的かというと、あの体の動かし方なんです。最初、不思議な動きをしていますね。曲の後半になると、足の動きも加わります。これこそが、SU-METALさんの歌の魅力である「ノリ」を明確に表しています。リズムを身体で捉える、ということをこの歳からやっています。曲の呼吸みたいなものを、なぜかこの人は身体で感じて声に出す、というのが分かっているみたいなんです。それ以外の要因(言葉や表情)は当然ありますが、この身体の動きが歌に命を吹き込むポイントだと僕は思うんです。身体が曲を感じて、身体で歌う。言うなれば音楽そのもの。それがSU-METALさんの特徴なんじゃないかなと思うんです。

現在、身体を使うというのはもっぱら振り付けですが、それも実は彼女の中では変わらなくて、身体で歌うということの延長なんじゃないかな、と時々思います。ただ、なんとなく身体動かしながら歌っていたのとBABYMETALの過酷な振り付けはレベルが違う。それでも、彼女の中で折り合いつけるために、とてつもない訓練を積んでいる。歌いたい歌があって、それを目指して厳しい努力を怠らない。どんな体勢からでも強い声を出せる努力を常に行っているからこそ、あのパフォーマンスができると考えます。

SU-METALさんの歌の最大の魅力は、そんな全身全霊なところに帰結するのかな、という感じです。

 

 

 

 

 

本当にこの人、刺激になります。サボってなんかいられない!って思わせてくれるんですもの。

 

 

広告

レコードプレイヤーくんがやってきた

6月に入り、我が家にレコードプレイヤーくんがやってきました。

IMG_0031

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DENONDのP-300Fというモデル。

僕にとってはじめてのレコードプレイヤーということもあり、当初少し手を焼いた。そもそも世代的にCD全盛だったこともあり、セットアップするという概念はまるでなかった。アームのバランスを取るとか、機器を水平に保つとか、何もかもはじめて。せっかく音が出たかと思えばノイズが・・・あれこれ試すうち、どうもカートリッジに原因があるということがわかり、SHUREのM44Gというものを有楽町のビックカメラで購入し、慣れないながらもなんとか取り付け、ようやくノイズに別れを告げることができた。

それと平行して、レコードの調達。幸い府中に中古レコード屋さんがあり、いくつかはそこで入手することができた。

IMG_7221

 

 

 

 

 

 

IMG_6282

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聴き比べられる方が、魅力がわかりやすいという考えの元、多くはCDでも持っているものばかりを購入。

中古以外のもの(つまり新品)もある。

今年の6月にリリースされたBABYMETALのファーストアルバムのアナログ盤。(正直、これが聴きたかった部分は大きい。これで聴くとCDとは違う魅力が・・)

 

 

昔の音源の中には「レコードで聴くことに最適化されたもの」が多いのではないかな、と思っている。当時マスタリングした人はCDなんてものを知らないわけなので、CDでどういう音が鳴るかはわからないし、想像もできない。レコードの世界の人が、レコードで鳴らすために作ったら、それはレコードプレイヤーで聴いた方が多分いいんだろうな、というのは感じた。実際、ビートルズやディープパープル、キング・クリムゾン、荒井由美さん、果てはレベッカまでもレコードで聴いた方が心地いいと感じた。(主観は否めませんが)

ジャケットの大きさ。これもやっぱり大きな魅力。アートワークの意味、というやつはやっぱり実感。加えてサイズから来る「所有している感じ」もいい。

一方、盤をひっくり返したり、針を落としたり、盤を戻したり・・ということにはCD以上に神経を使う。酔っ払って上手くやれる自信は、今日時点では無い。

 

まあ、色々ありますが、総じて「良かった」というのが現時点の感想です。

今後もレコードをちょっとづつ増やして、世界を深めていきたいと思います。

 


前夜の話

毎夜毎晩酔っ払ってインターネット眺めていた。記憶も定かではないが、「今に飽き飽きしている自分」をただ探すためだけに、キーボードを叩き、動画を漁る日々。

そんな無為な日々に風穴を空けるような出来事が起きたのは今から1年前の6月頃。

真ん中に立っている女性(当時は年齢も知らなかった。後に知って驚くことになる)の雰囲気に圧倒された。「何者なんだ・・」と思った瞬間、既に陥落していたのだろう。

その後も酔っ払って動画を漁る日々は続く。今度は明確な目的のために。やがて知ることになる。英国のメタルフェスにこの子たち(時系列で言うと恐らく6月半ば。既に年齢を知って驚いた後だった)が出演すると。

「おいおいマジかよ・・・あたら可愛い女の子を傷物にする気か?」という感情は直ぐに抱いた。気に入らないアクトには物を投げるくらい普通にやる「文化」。下手をすれば立ち直れないくらいの精神的なダメージ負わせることになる。

しかし、それを彼女らは杞憂として消し去った。誰も想像したことの無い「伝説」を打ち立てることによって。

まだ「ファン」だとは公言も認識もしていなかった。ただ、無性に心配をしているだけの身だった。だが、この動画を見たとき、何かが壊れそして何かがはじまった気がした。以後、彼女らを探すインターネットの旅は速度も質もぐっと向上した。知識も情報も飛躍的に増えた。

ややあって、アカウントを消す筈だったTwitterも情報収集のためと再開した。そして僕を待っていたのは色んな出会いや経験、感謝と興奮の日々だった。

BABYMETALに出会った、ちょうど1年位前のお話でした。

 


4/12 Mr.Children 「TOUR2015 REFLECTION」:長野エムウェーブ

以前どこかのライブ会場で「ミスチルは過去のヒット曲だけやってて欲しいよなぁ」という声を聞いたことがある。実際のところ、そういう声は本人たちの耳にも聞こえているのかも知れない。そういう意味で考えると、今回のミスチルのライブは誠に痛快だった。

僕がMr.Childrenのライブに参加するようになって結構長いが、当初はバンドとしてはそれほど・・・という感じだった。実際、そういう見方で「固定」されてしまっている人もいると思う。ところが最近のMr.Childrenは、印象がまるで違う。以前はメンバー3人+桜井和寿さんという図式で、音だけを取っても桜井さん&中川さん&その他、というのが素直な感想だった。それが激変したなぁという風に思えたのは2008年リリースの「SUPERMARKET FANTASY」と、それに続くライブ(僕は2009年3月1日に徳島で見た)あたりだったように感じている。この頃から「4人」という形がはっきり見えて来ていた。

その後、「DOME TOUR 2009 SUPERMARKET FANTASY」(名古屋で参戦)、「Mr.Children STADIUM TOUR 2011
SENSE -in the field-」(広島と仙台で参戦、特に仙台は今思い出しても涙が出る程の内容)を経て増していき、直近の「[(an imitation) blood orange]Tour」(盛岡で参戦)に至って最高の形になった、と感じた。

1989年結成、1992年メジャーデビュー。日本の音楽シーンの、文字通り「トップランナー」。にもかかわらず、(桜井さんも「つくづく完成されないバンドだ」と言っていたように)実はまだ未完成であるという事実は衝撃だった。

2015年、久しぶりに僕が「目撃」したMr.Childrenは、2014年のファンクラブツアー(「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」、残念ながらチケットはご用意されませんでした!)を編集した映画『Mr.Children REFLECTION』の中の人だった。ここではさらに衝撃的な姿だった。最初の2曲「Everything (It’s you)」と「旅人」をサポート無しの4人で演り切り、「Mr.Childrenでした。どうもありがとうございました。ここからはこれまでお見せしたことのないMr.Childrenをお届けします」でキーボードのSunnyさん登場→未発表曲演りまくり、という驚異のライブ。(当然のことながら、聴く側は誰一人曲を知らない)

一方、バンドはこれまで重要という言葉で言い表せない程の重きをなしてきたプロデューサー小林武史さんとも離れ、文字通り自分たちで音を作る、という作業に向き合ってきたという。あれ程のキャリアと成功を積み重ねてきたバンドが、未だにアグレッシヴに挑み続けている。そんな人たちのライブが楽しくないわけは無かった。

 

 

 

前置きが長くなりすぎてしまったが、この日のライブも大半は「未発表曲」だった。(音源化されることは決まっていたものの、6月のリリース。映画やファンクラブツアーに参加していない人は完全に初めて聴くという状況)

途中桜井さん自身も「ミスチルをあまり知らない人からすると地獄のような時間」と話していたが、大半のお客さんはぽかーんとしていたように感じた。過去のヒット曲は何一つやらない。セットリストには「CROSS ROAD」も「innocent world」も「名もなき詩」も無い。「皆んなが知ってるミスチル」を期待した人からすれば、さぞ期待を裏切られたと感じたかも知れないが、僕はそこに「Mr.Childrenの魂」を見出すような思いだった。

Mr.Childrenは文字通り、成長し続ける子どものようなもので、今も成長途上にある。特に今回の「決断」は大きいもので、過去の積み重ねとは別の方法で進まなくてはいけないものだった。バンドも、ギターの田原さんをはじめ、個々の個性、音、アイデアがどんどん色濃くなっている。これまで通りにはならないし、これまで通りでは面白いものはできない。敵は過去のMr.Children。ステージ上にいた4人の男達は、「変わるための戦い」の最中にいるのが如実だった。「変わる姿」を示すことが、一人一人の中にいる「過去のMr.Children」との戦いであり、オーディエンスに対してもその「戦い」を望んだものと思った。その姿は冒頭にも書いた通り「痛快」であり、「感動的」なものだった。

もちろん感想はそれぞれなので、ある人は負けたかも知れないが、僕にとっては今のMr.Childrenは最高以外に何もなかった。この戦いは圧勝に終わった。彼らはまだ旅の途上だと感じた。果てしない未来、というには積み重ねてきた過去は長い。それでも、その可能性を強く感じさせてくれる。そんなライブなのでした。

 

◼️セットリスト

01.fantasy
02.ロックンロールは生きている
03.旅人
04.fanfare
05.Melody
06.FIGHT CLUB
07.斜陽
08.I Can Make It
09.口笛
10.HANABI
11.口がすべって
12.蜘蛛の糸
13.REM
14.WALTZ
15.放たれる
16.進化論
17.足音〜Be Strong
18.幻聴
19.Everything(It’s you)
20.エソラ
21.Marshmallow day
22.未完


3/28 「the pillows 『moondust tour』final」:Zepp Tokyo

時間を経ると細部は忘れるが、鮮烈な印象みたいなものは時間と共に色褪せるかというと、そうでもなかったりする。

このライブに至るまで、the pillowsへの気持ちは微妙に揺れ動いていた。ひとつには、某誌における山中さわお氏の「発言」が、この人に対する「?」という気持ちを生じせしめたこと。そしてもうひとつは、ロックバンドに付きまといがちなバンド内の諸問題。前作の「トライアル」が空前絶後の名作だったにも関わらず、活動休止。(理由は山中さわお氏のインタビューを参照・・・ここ

はっきり言ってこの一連の流れは本当に疑問だった。自分たちもロックバンドであるので、前に推し進めるために使う膨大なエネルギーや人間のチカラみたいなものを理解しているし、それが仲良しこよしを原料とはしないことも分かっている。毎日、出る結論が変わる。今後のthe pillowsへの期待が高まるかと思えば、「これでthe pillowsとの関係も終わりかなぁ」と思ったこともあった。新作「ムーンダスト」を聴いて改善するかと思いきや、その揺れる気持ちは深まるばかり。正直、こんなに目にするのが「怖い」と感じたライブはこれまでなかったかも知れない。

そんな気持ちを他所に、SEは鳴り、もう何十回も見慣れた光景が目の前に広がる。最も新しいけど聴きなれた音、the pillowsの音が鳴り響く。アルバムの一曲目「Clean Slate Revolution」だ。不安も恐怖も一瞬でどこかに消え去った。欲しかったのはこの音だった!新作・旧作からこれでもかと名曲を叩きつける。まるでそれまで抱えていた不安を嘲笑うように。全編がまるでハイライトの映画でも観ているかのような、圧倒的な存在感、グルーブ、音。the pillowsはやっぱりすげえ。本当にすげえロックバンドだった。

個人的には「ハイブリッド レインボウ」からの「About A Rock’n’Roll Band」と、トリプルアンコールの「この世の果てまで」。はっきり言って、これまでのことは今でもひっかかりはあるし、今の状況も正直「・・・」て思うことはある。けど、音を聴いたらつまらないわだかまりみたいなものは吹き飛んでしまう。吹き飛ばせてしまう。これがthe pillowsなんだなと改めて思った。ロックバンドは、やっぱり音で存在証明しないと。今、ヴードゥ・ダック・スターズは活動休止しているけど、猛反省だ。俺たちもロックバンドの端くれなら、音で勝負したいし、そうでなくちゃいけない。何度も言う。the pillowsはやっぱりすごいバンドだ。めちゃくちゃ充実した、楽しい気持ちで帰路についた。

 

 

 

・・さて、帰宅して、翌日のさくら学院の卒業式に備えて寝ようかという矢先、ひとつの「衝撃」が飛び込んだ。

発端は、the pillowsの公式ツイッターだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(°_°)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真鍋さん・・・the pillowsギタリスト真鍋吉明さんが・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・まさかのキツネサイン!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・これは本当に衝撃でした。好きな人、好きなものがクロスオーバーするのはとても嬉しくて最高の気分なんですが、何一つ予想していなかったので本当に衝撃でした。

なんだか最後の最後まで、the pillowsにやられっぱなしの1日でしたが、そんなこんなも含めて、やっぱりthe pillows大好きだと思うのでした。

 

 

◼️セットリスト
1.Clean Slate Revolution
2.Break a time machine!
3.空中レジスター
4.ノンフィクション
5.プレイリー・ライダー
6.都会のアリス
7.Purple Apple
8.パトリシア
9.Back seat dog
10.ROBOTMAN
11.ハッピー・バースデー
12.アネモネ
13.like a lovesong (back to back)
14.メッセージ
15.ムーンダスト
16.ハイブリッド レインボウ
17.About A Rock’n’Roll Band
18.Ideal affection
19.モールタウン プリズナー
20.LITTLE BUSTERS

アンコール1

21.TOY DOLL
22.ターミナル・ヘヴンズ・ロック

アンコール2

23.RUNNERS HIGH

アンコール3

24.この世の果てまで