2012年11月10日(土)鴨の恩返しVol.1

「普段、ライブに来てくれたり、一緒に遊んだり、お仕事している人たちに、俺たちなりの良い事をしたい」

そんな気持ちから産まれたイベント「鴨の恩返し」。

当バンドのギタリスト石井祐介君が経営するスタジオ「フルハウス」を舞台に、という申し出を祐介は快く了承してくれた。雰囲気のいいバーカウンターもあるし、音のいいスタジオもある。俺たちがなんかやるっていったら酒と音楽。この二つを提供するのに欠かせないインフラはそろっている。

さて、せっかくやるんだから、ただ来てもらうだけじゃつまんない。あれこれ考えた結果「生カラオケ」ということを発案した。カラオケは行っても生バンドっていうのは中々ないだろう。ただのカラオケとは違う。ヴードゥー・ダック・スターズが演奏するって趣向。

 

これは、当初は少し軽く考えていた。祐介も上村も上手い。多少難しい曲でも、何とかしてしまうだろう。

 

そんな甘い考えは、ご参加いただいた皆様によって次々打ち砕かれた。

引き出しに無いものは、やっぱり難しい。

開催が近づくに連れて、バンドの緊張が高まる。みっともないところはお見せしたくない。楽しく唄ってお酒飲んで帰っていただきたい。

普段のヴードゥー・ダック・スターズ練習では絶対に出てこない甘いフレーズやかわいらしいメロディにまみれ、俺たちは結構必死だった。

まさに、水面の鴨。水鳥の境地だ。

 

そんな調子で、当日を迎えた。別にチケットとか用意してたわけじゃないから本当に来てくれるかちょっとドキドキしつつ、お酒用意したりグラス磨いたり。

ちょっとしたホームパーティ気分。

 

5時からだったんだけど、ちょっと早めにKさん(女性)が来た。

それから、次々といろんな方が来てくれた。いろんなところでお世話になっている、大切な方々ばかり。

俺はなぜかバーカウンターに入ってしまったので、お酒次いだり洗い物したり、もうてんやわんや。新米マスターはテンパりまくり(笑)

 

いくつかかなり難しい曲があったせいで、俺はお酒自粛でスタート。結構真面目。

中盤過ぎてお酒解禁してから、なんとなくリラックスモード。いつのまにかバーカウンターには後輩のK君(後輩)がいた。バーというか寿司屋のような佇まい。鯔背。

新米マスターはすっかりビールで出来上がってしまったのさ。

 

ちょっと時間の考え方が甘くて、いつも来てくれているIさんとかには迷惑かけてしまった。これは次回にお詫び&恩返しする。

 

とはいえ、新しい出会いが産まれたり、おしゃべりしたり、音楽やったり。。。楽しい一夜だったのではないでしょうか。

今後も、もっとこういうことをやっていきたいと思いました。

 

【セットリスト】※リクエストベース

1、Thousand Enemies(Girls Dead Monster)

2、クラシック(Judy and Mary)

3、Stand Up Sister(Yuki)

4、ソラニン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

5、情熱の薔薇(The BlueHearts)

6、あなたへの月(Cocco)※演奏せず

7、No One(Alicia Keys)※演奏せず

 

 

また次回!!!!

 

広告


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中