1/24 TOMOVSKY(バンドトモフ)@Club Lizard Yokohama

「リザードのトモフはちょっと別物」と僕は思っている。

それは、ここで観るトモフが「いつもとなんだか違う」から。O-WESTで観るバンドトモフはもちろん最高なんだけど、リザードのトモフは、それに輪をかけて最高。どういう精神的な作用が働くのか観ているだけの側には分からない。キャパ?ステージと客席の近さ?様々な要因があるのだと想像する。昨年ここで観たライブも最高だった。

 

unnamed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、1/24のバンドトモフ。結論を先に言うとやっぱり「最高」以外にはない。

トモフのライブは、いつも「単なる音楽のライブ」とは感じない。音楽は当然素晴らしいのだが、「音楽以外のお楽しみ」において何が飛び出すか分からない。ある時は部屋着でライブをやっていたこともあった。またある時は、小綺麗な格好で出てきたものの、やり難い!と言って着替えたり、不規則なMC、兄・大木温之氏(ベース、from theピーズ)との絡み・・・毎回毎回、音楽以外のお楽しみはいつも盛りだくさん。顎が外れるほど笑せた後に「SKIP」で泣かせにかかったりと、オーディエンスの感情を忙しく動かし続ける。

 

この1/24は、それがいつも以上だった。

 

中でもClub Lizardのステージと客席のある間の「柵」によじ登ったはいいが、降りられなくてお客さんの手を借りるトモフの姿は、この日のライブの全てを物語っている「事案」だったと思う。そして何と言っても・・・トモフがキツネサイン(BABYMETALにおける独特のハンドシグナル、リンク参照)を返してくれたこと。1/10のBABYMETALの余韻も冷めてない時期だったので、ついついやってしまったが、トモフが目ざとく見つけて返してくれた。もう、これは・・・僕はどうしたらいいんだろう・・ってくらいの気持ちでした。あの、憧れのトモフが、あのキツネサインを・・・偶然かもしれないけど、トモフの心の広さも相まって、一人感極まる瞬間でした・・・

 

バンドトモフは演奏も良いが、この部分においても、いつも以上だった気がする。特にクメムラさんのドラムは過去最高にタイトで堅実な印象。そして何と言っても大木温之氏のベースプレイ。この日も絶好調でブリブリとグルーヴを出していた。「秒針SKA」「都合のいいジャンプ」「我に返るスキマを埋めろ」「無計画という名の壮大な計画」あたりのベースプレイは、グルーヴの「見本」とも言えるくらい、圧巻のプレイだった。痺れました・・

 

ライブ終盤、トモフ自身が少し感極まっているように見えたのは気のせいかな?そういうトモフを、僕はついぞ見たことがない。そのくらい、この日のライブには何か特別なものが宿っている気がした。やっぱり「リザードのトモフはちょっと別物」なのかもしれない。とんでもないライブだった。

ライブ後は、本人の了承のもと、パチリ。

unnamed (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

49歳。少なくとも3時間、29曲を歌い続けた「鉄人」には見えない。(奥は、兄の大木温之氏)

また忘れ得ぬ一夜になった。

 

【セットリスト】

1.横浜の49歳

2.文句いわない

3.ワルクナイヨワクナイ

4.スピード

5.最高の錯覚

6.秒針SKA

7.骨

8.人間

9.ほうき

10.タイクツカラ

11.過去のドレイだ生きた化石だ

12.両想い

13.長すぎる冬

14.星ラップ

15.カンチガイの海

16.GO!GO!GO!

17.乗れ!

18.都合のいいジャンプ

19.人生へ無限だ

20.世界は終ってなかった

21.我に返るスキマを埋めろ

22.たりる

アンコール

23.SKIP

24.こころ動け

25.無計画という名の壮大な計画

26.映画の中

27.ほめてよ

28.脳

29.スポンジマン~歌う49歳

 

広告

庄内から。

どうも。ヴードゥー・ダック・スターズのレコーディングもそこそこで秋休みいただいて山形県の庄内地方というところに一週間ほど行って来ました。

IMG_1136

IMG_1152

IMG_1144

 

IMG_1165

 

ここは本当に良いところ。

水も空気もキレイだから、食べ物は何でも美味しい。古い港町の風情が残る町並みと、おおらかな人情、晴れていれば青々とそそり立つ鳥海山と幾筋もの川が流れる場所。

とても風光明媚で心休まるいい町だった。ところが夜は結構騒々しい。証拠がこれ。

夜は虫の天国。最近、農薬をあまり使わない農法が浸透したみたいで、生き物が増えているとか。おかげで夜は虫達のフェス状態。あまりの騒々しさに毎日安らかに眠れた。

もうひとつ、僕に安らかな眠りを提供してくれたものがこれ。

2013-09-12 20.24.34

 

そう、日本酒。昨年も書いたかも知れないけど、この辺は麓井、楯野川、上喜元、菊勇、初孫など、著名なブランドが所狭しと軒を連ねる美酒の産地。今回は楯野川の純米大吟醸中取りと、麓井のひやおろしをいただいた。地酒にはやっぱり地物を、ということで地物のお魚も食べた。

IMG_1175

 

これは地物の鯛でこしらえたアクアパッツァ。地酒との相性抜群。いくらでも入る。これだけで半升近く空けたような・・・

飲み過ぎた次の日は地元の湧き水でリフレッシュ。

IMG_1176

 

地酒を仕込む水と同じ、鳥海山の伏流水。身体に悪い訳がない。お陰で毎日すっきりと過ごすことができた。

また来年も、戻るだろう。

町も人も風景も変わらないであって欲しいなあ。


国歌

国歌は、「国の歌」。その国を最も象徴するもののひとつ。

 

アゼルバイジャン共和国という国がある。旧ソビエト連邦所属。中央アジアにある国。この国の国歌が実はもの凄くカッコいい。

どこかのサイトでは「RPGっぽい」と言われていたが、本当にそう思う。アレンジも、メロディも劇的で狂おしい。アゼルバイジャンについて僕の持ち合わせている知識なんてほとんどないけど、こんな熱い音楽を国歌にしてしまう素敵な国民性(文化的感性)には興味が湧く。

国歌の成り立ちには様々あるけど、大枠は「行進曲」とか「賛美歌」が多いとか。賛美歌風のものでカッコいいのはサンマリノの国歌

もの凄く美しいハーモニーでうっとりしてしまう。サンマリノがでっかい教会であるかのような錯覚すら起こさせる名曲。

あと、セネガルの国歌もいい。

何だか雄大。スケールの大きさと力強さがある。ユッスー・ンドゥールの原点はこういうところか!?という感じ。

さて、かつて作曲家の團伊玖磨は国歌の条件として「短い事、エスニックである事、好戦的でない事」ということを挙げ、君が代やドイツ国歌、英国国歌を白眉として挙げたとか。

というわけで、君が代。

敢えて雅楽バージョン。所謂他の国の国歌がテンションの高い方で突っ走っているとするなら、わが国の君が代は、それと逆の立ち位置。「静寂」を基調とした「美しさ」みたいな所に身を置いている。そこはやっぱり日本らしい曲っていうことなんだろう。雅楽のインストにすると、その点がさらに浮き彫りに鳴る気がする。

 

 

国歌を通してその国を眺めると、実にいろんなものが見えて来て楽しいっていうお話でした。

 


車窓

 

 

今日は出張で大阪でした。

車窓が大好きで、ぼーっと見てるだけで楽しい。

動画は、関ヶ原過ぎたあたりで何となくカメラ回したのに、同じく大好きなジュディマリをくっつけてみた。京都の手前だったから、曲も「kyoto」。

 

 

想像力を駆り立てる存在には、惜しみない尊敬。ジュディマリは、リアル。

そして、名古屋の大雨もリアル。

世界には、いろんなリアルがはびこっている。

車窓は、そんなリアルをいつでも柔らかく表現する。

 


そんなあれな話

楽器を始めてから今に至るまで、いろんなバンドでベースを弾かせてもらった。

 

7/20で同じステージに立つザ・カンツや、TMB3でも弾かせてもらった。本当に掛け替えの無い日々を過ごさせてもらったと実感している。その日々のことは、自分の人生においても素晴らしく充実した時代だった。

 

 

今、僕はヴードゥー・ダック・スターズでベースを弾いている。

 

 

僕はこのバンドが今までで一番気に入っている。過去のバンドと比べてどうの、という話じゃない。このバンドの音や3人が作り出す空気が、好きだという感じでしょうか。祐介といい、上村といい、個性的過ぎるプレイヤーばかりで構築する独特の世界。ストレートなロックンロールって感じとはちょっと違うけど、それは皆の音楽性の違いでもある。それでもひとつの作品を作れてしまうところがこのバンドの良いところでもあり、面白いところでしょうか。

 

 

 

そして、そういうところを面白がってもらいたい!という気持ちでライブをやっています。自分の好きなものって、人におすすめしたくなるような。

 

 

つまりはそんなあれなんです。

 

 

以上。

 

 

【お知らせ】

手作りフェス「ロックンロール・サーカス」は来月です!

・日時 7月20日(土)
・会場 sound creek doppo
(東京都新宿区三栄町1-2 CSビルB1)
・開場 18:00
・開演 18:30
・出演 ヴードゥー・ダック・スターズ/ザ・カンツ/TMB3 (順不同)
・チケット 2,000円(1ドリンク込み)

Voodoo_Duck_Stars@hotmail.co.jp


フェス

「ロックンロールサーカス」は、「フェス」という位置づけ。フジロックとか、アラバキとかみたいのと同じ。

その心は、発信「音楽」のみならず、「映像」や「Web」、その他様々なチャネルで、参加する皆が手作りでこしらえた「エンターテインメント」だから。会場のdoppoも、飲み物はおろか、食べ物も美味しいライブスペース。

音楽への興味が薄かろうが、目当てのバンドの出番がまだだろうが、楽しめる場所なのだ。

僕が出演者にいなかったら、来場者として参加したいくらい。(出演者だと、自分の出番が終わるまでお酒は飲めない)

 

 

カンツも、TMB3も久しぶりだから、すっごい楽しいもの用意していると思っている。もちろん僕らヴードゥー・ダック・スターズも同じ。

 

 

楽しくて楽しくて、忘れられない一夜にしたい!そんな気持ちで今はいます。どうか、このイベントに、僕らの作るものに、心から期待してください。絶対、損はさせません!

 

【ロックンロールサーカス】

http://696circus.com/

・日時 7月20日(土)

・会場 sound creek doppo(東京都新宿区三栄町1-2 CSビルB1)

・開場 18:00

・開演 18:30

・出演 ヴードゥー・ダック・スターズ/ザ・カンツ/TMB3 (順不同)

・チケット 2,000円(1ドリンク込み)

お問い合わせは・・・Voodoo_Duck_Stars@hotmail.co.jp

 

 


今日の夢

ヒラメとイカの刺身を買う夢を見ました。

 

 

どこかの田舎の魚屋だと思う。売り場は凄く古くて、それと同じだけ年を重ねた女性が店番をしていた。だけど、魚の鮮度はこれまでに見た事のないくらい素晴らしさで、照明もろくにないような店内でもキラキラしていた。僕はそれを見てすぐさま「日本酒に合いそうだ」と思った。

 

 

置いてあったお魚は他にもサバ、蛸、アジなどがあって、どれも本当に美味しそうだったけど、特にその中でも心惹かれたヒラメとイカを買いました。2つで750円。非常におトクなお買い物だ!と喜びいさんでお家に帰る・・・というところで夢は終了。

 

 

・・・目が覚めたら、お腹が空き気味。だからこんな夢を見たのかな?

 

 

それにしても、本当に美味しそうなお魚だった。

ああ・・・お酒が欲しくてたまらない。一口だけでも食べたかった!

 

 

 

【告知】

手作りロックフェス「Rock and Roll Circus」にヴードゥー・ダック・スターズが出演!

http://696circus.com/

・日時 7月20日(土)

・会場 sound creek doppo(東京都新宿区三栄町1-2 CSビルB1)

・開場 18:00

・開演 18:30

・出演 ヴードゥー・ダック・スターズ/ザ・カンツ/TMB3 (順不同)

・チケット 2,000円(1ドリンク込み)