嵐の夜に

今夜の雨にちなんだお話をひとつ。思い出話。

 

1年くらい前の今夜みたいな嵐の日、我が家の近所のセントラルパーク(一般的には染井霊園)に雷一閃。

轟音と灼熱した空気、漂うイオンの香りで近所に落雷したのはわかったけど、セントラルパークの墓石に落雷したのかなあ、くらいでその夜は終わった。

 

 

・・・・と思った夜半。聞き慣れないズルズルズルズルという音で目が覚めた。午前2時前後だったと思う。異音の正体を確かめに、僕は下の階に降りてみた。

 

異音は目の前の6番街からだった。目の前を、見慣れぬ風体の「何か」が歩いていた。その「何か」は、明らかに人の形はしてるものの、歩き方はひどくぎこちなく、歩む度に苦しそうなうめき声をあげる。

 

そこへ一人の見知らぬ女性が通りかかった。やおら、「何か」が存在を嗅ぎ付けたかのような素早い動きを見せる。「何か」は飢えていたのだ。そして「何か」の欲していたのは、あろうことか「人間」だった。女性はすぐに異様に気がついて逃げようとした。だが、「何か」の欲望の方がその速度に勝った。女性は「何か』の群れに捕まってしまった。

寝起きの僕の目に、その光景はまざまざと映しだされた。それは「行為」というには生々しく、血なまぐさい。「何か」が欲望を満たした跡には何も残ってはいなかった。女性はその痕跡すら残ってはいなかった。

立ちすくむ僕を、「何か」が見据えた。どうやらまだ空腹の連中がいるようだ。僕は一目散に部屋に逃げた。そしてチェーンを扉にし、ありったけの家具で居間を固めた。どこからともなく散弾銃が転げ落ちた。僕は腹を決めた。この危機に対して、雄々しく立ち向かう。そう心に決めた。「何か」は何者かわからないが、落雷の影響で目を覚ました何かなんだろう。こんなおぞましい存在は、一刻も早く消し去らねばならない。怯えと勇気がないまぜになった心のうちを整理していた。立ち向かう力を呼び覚ますため。

だが、「何か」は容赦しなかった。奴らは欲望を満たそうと部屋に押し寄せてきたのだった。

奴らの力は恐ろしく、扉も窓もすぐに破壊されてしまった。いつの間にか目を覚ました嫁が、愛用のガトリングガンで応戦する。僕も、散弾銃の引き金を引く。奴らは次々醜い肉片に変わる。

そんな戦闘がしばらく続いたが、如何せんただの民家。ガトリングガンと散弾銃の弾丸は尽き、止むなく個別的な方法で戦闘を続行していた。嫁のマグナムは恐ろしく的確で、無駄弾ひとつ撃たず目的を遂げていた。が、さすがに奴らも数が多い。ついに防衛戦は突破されてしまった。

奴らの狙いは、肉が多い僕。食いたければ食うがいい、自爆してやる!と思ったが早く、「何か」のおぞましい手が僕の頸動脈に伸びた。鈍い痛みが首に走った。そして、経験したことのない感覚が僕を襲った。すぐに気がついた。「血が吸われている」

老人だ。吸っているのは。枯れ木の様な腕を懸命に伸ばし、虚ろな瞳に恍惚の感情を浮かべている。

 

 

 

と、思うや否や老人の顔がどんどん若返っていく。

 

 

やばい、このままでは命を吸い尽くされてしまう。だが、老人の力は強く、振りほどくことができない。外を見たら、紫色の雲が棚引いていた。言い尽くされた台詞だが、最後に見たものが太陽なんていやだ!と心でつぶやいた矢先。

太陽の光に当たった奴らは次々砂になっていった。まさか、本当に奴らの弱点は太陽だった。無数にいた「何か」はいつの間にか雲散霧消した。

僕らは生き残った。

 

 

あの日のことは、決して忘れることはないでしょう。恐ろしい夜の出来事でした。

 

 

 

※一部フィクションが含まれています。

広告

いつの日か この町を出て行く 僕らだから

5月の空気は子どもの頃と同じように爽やかで、校庭の隅っこでテントウムシやカタツムリに夢中になってた小学生の頃を思い出してしまいます。あれから30年以上が経過したとは思えないほど鮮やかに、感覚の記憶を呼び覚ましてくれます。5月っていいですね、最高です。

さてそんな爽やかな5月の陽気に包まれて、僕は引っ越しの準備に追われています。今の巣鴨の高級アパートメント(通称ダコタ・ハウス)を引き払って、聖蹟桜ヶ丘の大邸宅にエクソダス(移住)するのが今月30日。この土日が最後の追い込みに充てられるわけですね。

巣鴨にエクソダス(移住)したのが今から8年7ヶ月前。僕にとっては自分自身で生活する初めての機会でした。

壁と床が致命的に薄い高級アパートメント(通称ダコタ・ハウス)だったので、積み重ねられた近隣の皆さんゴメンナサイと大目に見てくれてアリガトウは数知れず。近くにある染井霊園(通称セントラル・パーク)は樹木も多くて野鳥もなかなか。とりわけ桜の季節は奇麗に色づいて、素敵な霊園でした。

ま、色々あった家と街だけど、もうじきお別れだ。

 

2014-05-24 11.54.18 2014-05-25 14.56.57 HDR 2014-04-21 20.04.02-2CA3F0002

20130104-000213.jpg2012-12-30 00.04.23

未練なんか欠片もないし、感慨ってものもほとんど無い。何年か経って「ここでの日々が良かった」なんていうツマラナイ妄想に取り付かれないよう、次の街でも気合いれてやります。

20130514-001048.jpg

去年の5月の多摩川。僕も多摩川と長い付き合いになりそうだ。

 


お知らせ

非常に遅まきながら、7月20日のレポをアップしました。

こちら

 


スタジオこぼれ話。

20130923-201452.jpg

今日は上村が少し送れたから、僕と祐介でドラムセット組んでみたのだが・・・
どこか、おかしい。
フロアタムの位置ってこんなだっけ?
クラッシュの場所もここでいいんだろうか?
自分のパート以外のことって以外と知らないってことに改めて気づきました。
もっと良い音を出すには、案外こういうことも大事なのでは?っていう問題意識が少し浮かびました。
互いの音や楽器の特性を理解することは、自分のプレイにもプラスになると思うしね。
他者のことを想像し、理解するということ、もっと意識したいと思います。

(尚、ドラムセットは上村がサッと元通りにしてくれました。)


庄内から。

どうも。ヴードゥー・ダック・スターズのレコーディングもそこそこで秋休みいただいて山形県の庄内地方というところに一週間ほど行って来ました。

IMG_1136

IMG_1152

IMG_1144

 

IMG_1165

 

ここは本当に良いところ。

水も空気もキレイだから、食べ物は何でも美味しい。古い港町の風情が残る町並みと、おおらかな人情、晴れていれば青々とそそり立つ鳥海山と幾筋もの川が流れる場所。

とても風光明媚で心休まるいい町だった。ところが夜は結構騒々しい。証拠がこれ。

夜は虫の天国。最近、農薬をあまり使わない農法が浸透したみたいで、生き物が増えているとか。おかげで夜は虫達のフェス状態。あまりの騒々しさに毎日安らかに眠れた。

もうひとつ、僕に安らかな眠りを提供してくれたものがこれ。

2013-09-12 20.24.34

 

そう、日本酒。昨年も書いたかも知れないけど、この辺は麓井、楯野川、上喜元、菊勇、初孫など、著名なブランドが所狭しと軒を連ねる美酒の産地。今回は楯野川の純米大吟醸中取りと、麓井のひやおろしをいただいた。地酒にはやっぱり地物を、ということで地物のお魚も食べた。

IMG_1175

 

これは地物の鯛でこしらえたアクアパッツァ。地酒との相性抜群。いくらでも入る。これだけで半升近く空けたような・・・

飲み過ぎた次の日は地元の湧き水でリフレッシュ。

IMG_1176

 

地酒を仕込む水と同じ、鳥海山の伏流水。身体に悪い訳がない。お陰で毎日すっきりと過ごすことができた。

また来年も、戻るだろう。

町も人も風景も変わらないであって欲しいなあ。


国歌

国歌は、「国の歌」。その国を最も象徴するもののひとつ。

 

アゼルバイジャン共和国という国がある。旧ソビエト連邦所属。中央アジアにある国。この国の国歌が実はもの凄くカッコいい。

どこかのサイトでは「RPGっぽい」と言われていたが、本当にそう思う。アレンジも、メロディも劇的で狂おしい。アゼルバイジャンについて僕の持ち合わせている知識なんてほとんどないけど、こんな熱い音楽を国歌にしてしまう素敵な国民性(文化的感性)には興味が湧く。

国歌の成り立ちには様々あるけど、大枠は「行進曲」とか「賛美歌」が多いとか。賛美歌風のものでカッコいいのはサンマリノの国歌

もの凄く美しいハーモニーでうっとりしてしまう。サンマリノがでっかい教会であるかのような錯覚すら起こさせる名曲。

あと、セネガルの国歌もいい。

何だか雄大。スケールの大きさと力強さがある。ユッスー・ンドゥールの原点はこういうところか!?という感じ。

さて、かつて作曲家の團伊玖磨は国歌の条件として「短い事、エスニックである事、好戦的でない事」ということを挙げ、君が代やドイツ国歌、英国国歌を白眉として挙げたとか。

というわけで、君が代。

敢えて雅楽バージョン。所謂他の国の国歌がテンションの高い方で突っ走っているとするなら、わが国の君が代は、それと逆の立ち位置。「静寂」を基調とした「美しさ」みたいな所に身を置いている。そこはやっぱり日本らしい曲っていうことなんだろう。雅楽のインストにすると、その点がさらに浮き彫りに鳴る気がする。

 

 

国歌を通してその国を眺めると、実にいろんなものが見えて来て楽しいっていうお話でした。

 


車窓

 

 

今日は出張で大阪でした。

車窓が大好きで、ぼーっと見てるだけで楽しい。

動画は、関ヶ原過ぎたあたりで何となくカメラ回したのに、同じく大好きなジュディマリをくっつけてみた。京都の手前だったから、曲も「kyoto」。

 

 

想像力を駆り立てる存在には、惜しみない尊敬。ジュディマリは、リアル。

そして、名古屋の大雨もリアル。

世界には、いろんなリアルがはびこっている。

車窓は、そんなリアルをいつでも柔らかく表現する。