スタジオこぼれ話。

20130923-201452.jpg

今日は上村が少し送れたから、僕と祐介でドラムセット組んでみたのだが・・・
どこか、おかしい。
フロアタムの位置ってこんなだっけ?
クラッシュの場所もここでいいんだろうか?
自分のパート以外のことって以外と知らないってことに改めて気づきました。
もっと良い音を出すには、案外こういうことも大事なのでは?っていう問題意識が少し浮かびました。
互いの音や楽器の特性を理解することは、自分のプレイにもプラスになると思うしね。
他者のことを想像し、理解するということ、もっと意識したいと思います。

(尚、ドラムセットは上村がサッと元通りにしてくれました。)


鴨の覚悟

人前で楽器を弾く事とか、ライブをやることについて、世の中には様々な意見がある。大体はポジティブなものだけど、中には「どうしてそんなことをやっているんだ」っていう意見もある。つきつめると「お前みたいなヤツが、人前で、しかもお金を取って演奏する。道理がおかしいのではないか?」ということが言いたいらしい。これに対して、長年自分の中には反論する言葉が無かった。自分の正当性を説明できない。

;

;

「好きだから」と言う話。間違いも嘘も無い。純粋に「好き」っていう気持ちは説明できる言葉。しかし、好きだけじゃ恋愛だって発展しない。そもそも、「好きならタダでやれや」っていう二の矢に対しては、答えられない。

;

;

この手の批判や悩みは、こういう活動の付き物みたいなものだ(と俺は思っている)から、整理しておくことは大事だと思う。生活の中で、自分の音楽が危うかった時代がある。そういう時、ズシッと来る。しまいには、自分が自分を追い込んで非難されている錯覚にとらわれる。自分が自分の活動を評価しない(できない)暗闇に陥ってしまう。自分や他人も含めて「批判」に対して「反論」が出来なくては、負けと同じ。

;

;

俺のやっている音楽とか、表現活動は、特別な教育を受けた誰かのものではない。(音楽の側にはこう考えていない輩もいるけど。)主たる表現者になる権利や資格は、誰にでもある。それは、他人がつべこべ口を差し挟むことではない。「表現」によって生じる「良いか悪いか」は「結果」。「結果」には「評価」が伴う。その「評価」を推し量るひとつの材料として「お金」があると考えている。あらゆる社会的な活動と何にも違いは無い。

;

;

いい結果を得られるように、俺たちは毎日練習もするし、曲も作る。大勢の人からポジティブな評価を得られることは、何者にも代え難い実り。「良い」とか「カッコいい」とか「うねうねしてる」って言われるために生きているようなもんだ。評価を他者に委ねるつもりはない。だけど、音楽で得られる評価は、びっくりするぐらい的を射たものが多い。ネガティブな評価の中には学ぶ事、克服するヒントが詰まっている。スタジオに籠って曲をインターネット経由で発信し続ける方法のあるけど、ライブで生で観てくれた人、聞いてくれた人の評価は、本当に勉強になる。

;

;

だから、俺たちはライブをやる。もちろん、今後もチケット代と無縁でやるライブは数多くはないけど、まずはお金を払って観に来たいと思えるか。そこから俺たちへの評価が始まっている。「観に来ない」っていうのは確かな評価。ライブが今の俺たちの活動に対する承認の場であり、検証の場である。ここを軸に、様々な感情のやりとりがなされる。人前でやることには、充分過ぎるくらい意味がある。

;

;

自分たちの活動や音楽を人前に晒すっていうのは、それなりの覚悟がある。自分の作った曲やフレーズは自分の子どもみたいに可愛いけど、酷評されることだってある。正直、傷つく。だけど、そこで落ち込んで突っ伏したままか?膝を払って立ち上がるか?俺たちは、後者の道を選び続ける。多分何度でも立ち上がる。時間がかかることもあるけどね。

;

;

鴨は水面はのんびりしているように見えるけど、水面下ではじたばたじたばたしながら生きている。鴨として生きる覚悟を負って。

;

;

なんていうお話でした。笑い無しでゴメンナサイ(笑)

申し訳無いついでに、可愛い鴨の動画をご覧ください・・・

;

;


ヴードゥーわが町シリーズ第一弾〜巣鴨

はい、突然はじまりました新コーナー。題して「ヴードゥーわが町シリーズ」。これはヴードゥー・ダック・スターズのメンバーゆかりの町、お気に入りの町を独断と偏見と主観を元に紹介していくという、不定期不安定成り行き任せのロックンロールなアティチュード(姿勢)を示すためのアサインメント(作戦)です。何となく成り行きで誰かが似たようなことを書く事もあるでしょう。

意味が分からないので早速進行。第一弾の今日は私こと、ヴードゥー・ダック・スターズのベーシスト神子が住んでいる「巣鴨」のご紹介。

〜紹介ここから〜

※BGM、何となく高校野球風味

巣鴨は、一般的に「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる「とげ抜き地蔵」が有名ですね。特に4のつく日の縁日のときには関東近郊から沢山の観光客がやってきます。

これは正月の風景。もの凄い人出なのがお分かりいただけると思いますが、ほとんどはご高齢の方。人ごみでも、結構のんびりなんです。

こんな「おばあちゃんの原宿」というほのぼのした顔の他に、巣鴨にはもうひとつの顔があります。

実は、駅周辺は結構な歓楽街なのです。地蔵通り側に行く人にはほぼ関係無いのですが、巣鴨駅を中心に白山通り沿いのあたりには、それこそ飲み屋・ピンサロ・キャバクラ等々・・・殿方のお楽しみスポットが満載です。特に、これは本当に不思議なのですが、なぜかピンサロの密集率がもの凄いことになっています。しかも密集地は本郷高校の通学路だったりもしています。なので、高校生が下校時に呼び込みとすれ違ったりするシーンも数多く見られるなど、駅前はカオスです。巣鴨で抜けるものは「とげ」だけではないようですね。

・・・話がちょっと下品な方に行きましたが、実に良い飲み屋や商店が多いのも特徴です。

例えば駅のすぐそばにある「ひろちゃん」。

煮込みで有名でテレビにもよく取り上げられる「千成」と同じ経営だとか。非常に雰囲気が良いお店。酒も魚も非常に美味しくてとても素敵。

他にも、巣鴨と駒込の間にある「台風倶楽部 on POUSSE CAFE」。

ここも非常に良いです。炭火焼の美味しいお肉と、美味しいビール。そして、音楽。真空管のアンプがあるとのことで、素晴らしい音で音楽を聴けます。夏場に炭火焼とビールでチャック・ベリー流してもらったときにはトビました(笑)

お蕎麦でも素晴らしいお店が多い。中でもここはかなり面白いっていうのが「そば切り矢島」。


お店の外観の写真は・・・まああってもあんまり意味は無いと思います。ほとんど普通の民家だし。

でも、味は折り紙付き。特にここのお店のそば湯が非常に特徴的で面白い。言葉では言い表せないので、是非試してください。

あと、ここは厳密には観光スポットとかじゃないんだろうけど、有名なので一応紹介。

都立染井霊園」。

「染井」という名前でピンと来た人は鋭い。ここはあの「ソメイヨシノ」のふるさととされている場所らしい。都会の中でも有数の緑地があることから、野鳥が結構多い。

古い墓地なので、眠っている方も著名な人がいるらしい。高村光雲とか、岡倉天心、二葉亭四迷なんかの墓所がある。

周辺はお寺が多くてそっちにも別の墓地がある。そっちには芥川龍之介、遠山金四郎なんかがいる。

お墓といっても本当に地域に馴染んでいるみたいで、お花見の季節にはブルーシートひいたお花見客がやってくる。鬱然とした日本の墓地の雰囲気とはちょっと違う、明るい墓地。

 

まあ、まだまだ紹介しきれませんが、いかがでしたでしょうか。

巣鴨という場所は、商店街以外にも様々な魅力がある、非常に面白い場所なんですね。

もしもお近くに来た際には、是非巣鴨でお楽しみください!

 

っというわけで、「ヴードゥーわが町シリーズ第一弾〜巣鴨」はこれにて終了。

第二弾は・・・たぶん上村が蒲田か、祐介が沼部で(そのうち)やってくれる(と思う)。

不定期コーナーなので、こんごともよろしく・・・

 

【お知らせ】

ヴードゥー・ダック・スターズのスタジオ企画「鴨の恩返しVol.1」、参加申込受付中!

詳細は「鴨の恩返し特設サイト