1/24 TOMOVSKY(バンドトモフ)@Club Lizard Yokohama

「リザードのトモフはちょっと別物」と僕は思っている。

それは、ここで観るトモフが「いつもとなんだか違う」から。O-WESTで観るバンドトモフはもちろん最高なんだけど、リザードのトモフは、それに輪をかけて最高。どういう精神的な作用が働くのか観ているだけの側には分からない。キャパ?ステージと客席の近さ?様々な要因があるのだと想像する。昨年ここで観たライブも最高だった。

 

unnamed

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、1/24のバンドトモフ。結論を先に言うとやっぱり「最高」以外にはない。

トモフのライブは、いつも「単なる音楽のライブ」とは感じない。音楽は当然素晴らしいのだが、「音楽以外のお楽しみ」において何が飛び出すか分からない。ある時は部屋着でライブをやっていたこともあった。またある時は、小綺麗な格好で出てきたものの、やり難い!と言って着替えたり、不規則なMC、兄・大木温之氏(ベース、from theピーズ)との絡み・・・毎回毎回、音楽以外のお楽しみはいつも盛りだくさん。顎が外れるほど笑せた後に「SKIP」で泣かせにかかったりと、オーディエンスの感情を忙しく動かし続ける。

 

この1/24は、それがいつも以上だった。

 

中でもClub Lizardのステージと客席のある間の「柵」によじ登ったはいいが、降りられなくてお客さんの手を借りるトモフの姿は、この日のライブの全てを物語っている「事案」だったと思う。そして何と言っても・・・トモフがキツネサイン(BABYMETALにおける独特のハンドシグナル、リンク参照)を返してくれたこと。1/10のBABYMETALの余韻も冷めてない時期だったので、ついついやってしまったが、トモフが目ざとく見つけて返してくれた。もう、これは・・・僕はどうしたらいいんだろう・・ってくらいの気持ちでした。あの、憧れのトモフが、あのキツネサインを・・・偶然かもしれないけど、トモフの心の広さも相まって、一人感極まる瞬間でした・・・

 

バンドトモフは演奏も良いが、この部分においても、いつも以上だった気がする。特にクメムラさんのドラムは過去最高にタイトで堅実な印象。そして何と言っても大木温之氏のベースプレイ。この日も絶好調でブリブリとグルーヴを出していた。「秒針SKA」「都合のいいジャンプ」「我に返るスキマを埋めろ」「無計画という名の壮大な計画」あたりのベースプレイは、グルーヴの「見本」とも言えるくらい、圧巻のプレイだった。痺れました・・

 

ライブ終盤、トモフ自身が少し感極まっているように見えたのは気のせいかな?そういうトモフを、僕はついぞ見たことがない。そのくらい、この日のライブには何か特別なものが宿っている気がした。やっぱり「リザードのトモフはちょっと別物」なのかもしれない。とんでもないライブだった。

ライブ後は、本人の了承のもと、パチリ。

unnamed (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

49歳。少なくとも3時間、29曲を歌い続けた「鉄人」には見えない。(奥は、兄の大木温之氏)

また忘れ得ぬ一夜になった。

 

【セットリスト】

1.横浜の49歳

2.文句いわない

3.ワルクナイヨワクナイ

4.スピード

5.最高の錯覚

6.秒針SKA

7.骨

8.人間

9.ほうき

10.タイクツカラ

11.過去のドレイだ生きた化石だ

12.両想い

13.長すぎる冬

14.星ラップ

15.カンチガイの海

16.GO!GO!GO!

17.乗れ!

18.都合のいいジャンプ

19.人生へ無限だ

20.世界は終ってなかった

21.我に返るスキマを埋めろ

22.たりる

アンコール

23.SKIP

24.こころ動け

25.無計画という名の壮大な計画

26.映画の中

27.ほめてよ

28.脳

29.スポンジマン~歌う49歳

 

広告

憧憬(Theピーズ)

先日観に行った「Theピーズ」のライブのお話。昔からやってるバンド。もう27年?世の中「バンドブーム」。その頃からやってるバンド。

付き合いはまだ浅い。かれこれ4年。the pillowsの”Born in The ’60s Tour”のDVDが初見。酔っ払った男がよれよれベース弾きながら歌ってた。「トドメを派手にくれ」「実験4号」「焼きめし」。

 

撃ち抜かれた。かっこよかった。やられまくった。なんでこのバンド、俺今まで知らなかった気分。その頃色々あって俺の気持ち落ち込みムードで音楽とかベースに前向きに取り組めなかった時期。一気に終わった。(同じ衝撃は同DVDのTOMOVSKYからも受けた。大木兄弟恐るべし)

以来、年1回か2回ペースで観に行っている。野音の25周年も行った。酒臭かった、面白かった。

んで、こないだ観に行った時の話。

今年の春先と同じ渋谷のクアトロ。渋谷苦手だけど、クアトロはいいハコ。

外の張り紙には「ソールドアウト」の文字。

2014-11-08 17.54.06

 

Twitterでやり取りしてた方と「ソールドアウトは景気が良くていい」なんて話をしてた。本当にそう思う。

俺、ライブ前(観るのもやるもの共通して)は、酒飲まない、実は。やる側としてはプレイに影響出るからなんだけど、観る側としては酒飲むと尿近くなって、いいとこ見逃したりする。それが嫌で、ライブ前は酒禁止。でもこの日は少しだけ飲みたくなって、影響の薄そうなのを入れた。ジャックダニエルのコーラ割り。

2014-11-08 18.05.51

こいつをちびりちびりやりながらTwitter気にしながら、開演を待つ。空いているうちに物販で新譜とタオルもGET。無駄な動きなし。

 

そんなこんなで、開演。Theピーズは「パンク」ってことになってるから、お客さんのノリもすごい。最前は「おしくらまんじゅう」状態。俺はそこには入らず、PA前で心の対話。崇高な儀式。

言い忘れたけど、Theピーズはベース&ボーカルの大木温之(以下、はる)さん、ドラムの佐藤シンイチロウさん、ギターの安孫子義一さんの3人組。レベル全然違うけど、俺たちと同じ編成。刺激受ける。同じベースだから、はるさんのプレイは意識して観る。ドラムやギター、歌との関わりとかめちゃ観る聴く。鳥肌畑状態。音も好き。ある時はブリブリ、ある時はグリグリ、そしてまたある時はぐいんぐいん。そこにギターがキュイーンだったりジャギーんだったりする。佐藤シンイチロウさんのドラムも、the pillowsと少し違う、所謂熱いロック仕様。分厚くて心地よいグルーヴ。

曲も最高。芯から優しくて激しいロックンロール。曲で笑ったり、涙ぐんだりふわふわしたり、トロピかったり、その辺もう自由自在。

 

そんなショーがほぼ2時間半。27年やってるベテランと思えないタフネス。最高の空間、場所、空気。夢心地。時間あっという間。

 

帰り道、耳鳴り。京王線、ぼーっとする。寒い。

 

Theピーズ、結成から10年で活動休止。5年休んで、再開して12年目。波乱万丈すぎる道のり。重なる、理想の姿。

好きになってよかった。一生もの。これからもよろしく!

 

 

 


tomovsky

北からの寒波が雄々しく東京を苛んでいた12月23日(月)、僕は渋谷のO-WESTに行った。最早年の瀬の風物詩と化しつつあるtomovsky(バンドトモフ)ワンマンを観るためだった。

クリスマスイブを翌日に控えた渋谷は、普段よりもきらびやかで、瑞々しいエネルギーが充溢していた。期待や欲望が渦巻く駅前をすっとかわして裏町を抜け、道玄坂を横切って、ホテル街を歩ききったら待望のO-WESTへ。

tomovskyのライブは、単純な音楽のライブっていう印象だけに留まらない、様々なエンターテインメントの微成分を含んでいる。今回も同様で、本当に心の普段使わないところまで余すところ無く使って楽しんだ。心だけではなく、身体も使った。それはtomovskyが客席ダイブを敢行したのだった。ダイブ自体はごく普通なんだけど、去年といい今年といい、どうも僕のいるところに降って来るような気がする。(身体がでかいからか?)

ということで、今年もtomovskyを必死に支えたのでした。(去年は客席に着陸したtomovskyとハイタッチした)

 

来年も、このO-WESTで麗しい時間を過ごせたらいいと思うのだった。


国歌

国歌は、「国の歌」。その国を最も象徴するもののひとつ。

 

アゼルバイジャン共和国という国がある。旧ソビエト連邦所属。中央アジアにある国。この国の国歌が実はもの凄くカッコいい。

どこかのサイトでは「RPGっぽい」と言われていたが、本当にそう思う。アレンジも、メロディも劇的で狂おしい。アゼルバイジャンについて僕の持ち合わせている知識なんてほとんどないけど、こんな熱い音楽を国歌にしてしまう素敵な国民性(文化的感性)には興味が湧く。

国歌の成り立ちには様々あるけど、大枠は「行進曲」とか「賛美歌」が多いとか。賛美歌風のものでカッコいいのはサンマリノの国歌

もの凄く美しいハーモニーでうっとりしてしまう。サンマリノがでっかい教会であるかのような錯覚すら起こさせる名曲。

あと、セネガルの国歌もいい。

何だか雄大。スケールの大きさと力強さがある。ユッスー・ンドゥールの原点はこういうところか!?という感じ。

さて、かつて作曲家の團伊玖磨は国歌の条件として「短い事、エスニックである事、好戦的でない事」ということを挙げ、君が代やドイツ国歌、英国国歌を白眉として挙げたとか。

というわけで、君が代。

敢えて雅楽バージョン。所謂他の国の国歌がテンションの高い方で突っ走っているとするなら、わが国の君が代は、それと逆の立ち位置。「静寂」を基調とした「美しさ」みたいな所に身を置いている。そこはやっぱり日本らしい曲っていうことなんだろう。雅楽のインストにすると、その点がさらに浮き彫りに鳴る気がする。

 

 

国歌を通してその国を眺めると、実にいろんなものが見えて来て楽しいっていうお話でした。

 


車窓

 

 

今日は出張で大阪でした。

車窓が大好きで、ぼーっと見てるだけで楽しい。

動画は、関ヶ原過ぎたあたりで何となくカメラ回したのに、同じく大好きなジュディマリをくっつけてみた。京都の手前だったから、曲も「kyoto」。

 

 

想像力を駆り立てる存在には、惜しみない尊敬。ジュディマリは、リアル。

そして、名古屋の大雨もリアル。

世界には、いろんなリアルがはびこっている。

車窓は、そんなリアルをいつでも柔らかく表現する。

 


そんなあれな話

楽器を始めてから今に至るまで、いろんなバンドでベースを弾かせてもらった。

 

7/20で同じステージに立つザ・カンツや、TMB3でも弾かせてもらった。本当に掛け替えの無い日々を過ごさせてもらったと実感している。その日々のことは、自分の人生においても素晴らしく充実した時代だった。

 

 

今、僕はヴードゥー・ダック・スターズでベースを弾いている。

 

 

僕はこのバンドが今までで一番気に入っている。過去のバンドと比べてどうの、という話じゃない。このバンドの音や3人が作り出す空気が、好きだという感じでしょうか。祐介といい、上村といい、個性的過ぎるプレイヤーばかりで構築する独特の世界。ストレートなロックンロールって感じとはちょっと違うけど、それは皆の音楽性の違いでもある。それでもひとつの作品を作れてしまうところがこのバンドの良いところでもあり、面白いところでしょうか。

 

 

 

そして、そういうところを面白がってもらいたい!という気持ちでライブをやっています。自分の好きなものって、人におすすめしたくなるような。

 

 

つまりはそんなあれなんです。

 

 

以上。

 

 

【お知らせ】

手作りフェス「ロックンロール・サーカス」は来月です!

・日時 7月20日(土)
・会場 sound creek doppo
(東京都新宿区三栄町1-2 CSビルB1)
・開場 18:00
・開演 18:30
・出演 ヴードゥー・ダック・スターズ/ザ・カンツ/TMB3 (順不同)
・チケット 2,000円(1ドリンク込み)

Voodoo_Duck_Stars@hotmail.co.jp


はじめてのベーシスト

梅雨に入るか入らないかのこの時期は緑がとてもきれい。そんな美しい緑色に包まれていた飯田橋を、今から16年前の僕は走っていた。大学の部室(僕らはボックスと呼んでいた活動場所)を目指して。ビッグバンドジャズのクラブと共有だったので酷く狭い。地下二階。風通しが悪くて、日当り最悪でカビ臭い。しかも一年中、蚊がうようよしている。そんなの僕らのスタジオに先輩を待たせていたのだ。

 

 

楽器初心者の僕がベースとしてはじめて組んでいただいたバンドの練習の日だった。僕はゼミ合宿で三浦からそのまま一目散に飯田橋に向かっていた。京急の乗り継ぎに失敗し、携帯も一般的ではないため、遅刻の連絡もできない。とにかく偉大な先輩方に不快な思いをさせたくない一心だった。

 

 

ドラムのI先輩は、僕が楽器を手に取る直接的なきっかけになったスーパードラマー。ギターのO先輩はいつも飄々としているけど、気合の入ったマルチプレイヤー。ボーカルのM先輩は韓国からの留学生で、アメリカ仕込みの英語と軍隊仕込みの強靭な肉体、そして伸びやかなハイトーンを持つ朗らかな兄貴分。

 

 

対してベースの僕は、完全なる初心者。ベースなんて弾いたこともない。弾きたい気持ちでいたけど、初心者のベースなんてはっきりいって足手まとい。でも、この熱い先輩達は、それでもいいと一緒にやってくれた。7月には、お披露目の場も用意されていた。僕にとって、ベースでは初めてのライブ。曲は、全て僕のセレクトで良いと仰ってくれた。だから、僕は当時好きだったHR/HMの神髄を示さんと、セットリストを組んだのだった。

朧げな記憶の中のセットリスト・・・

1、Bark at the Moon(オジー・オズボーン)

2、 Little Dolls(オジー・オズボーン)

3、Believer(オジー・オズボーン)

4、S.A.T.O(オジー・オズボーン)

5、Burn(ディープパープル)

6、Storm Bringer(ディープパープル)

初心者には無謀過ぎるセットリスト。でも、この先輩達と、これがやりたかった。足手まといになりたくないから、本当に指がすり切れるくらい練習した。曲もいっぱい聞いた。何もかも上手く弾けない。でも、ライブの日も近づいている。先輩達の前で、みっともない姿は見せたくない。何よりも、弾きたくて弾きたくて仕方ない。先輩達と一緒に音が出せる事が、楽しいし、辛いし、嬉しいし、厳しいし、幸せだった。

 

 

ちょうど今くらいの時期が、初めてバンドで合わせた時期だった。

 

 

20歳になって楽器始めるって、遅いのかも知れないけど、あのドキドキ感とか、緊張感、もどかしさ、集中力。全てを克明に覚えていられる。深みを増した緑色の世界でS.A.T.Oを聴けば、一発であの頃の気持ちに戻れる。

 

 

そこから数えて16年。ヴードゥー・ダック・スターズでも、相変わらずドキドキ感とか、緊張感、もどかしさ・・・やっぱり同じような気持ちが続いている。そして、もっと上手く弾きたい、バンドのベーシストとして上手くなりたいって想いも続いている。

 

 

緑色の世界を見たら、思い出しちゃった!ってお話でした。