ポエトリーリーディング

こんばんは。

ベースのクソ野郎です。

突然ですが、俺のポエトリーリーディングです。

聞いてください。

三木露風先生の「現身」に挑んだアレです。

 

春はいま空のながめにあらはるゝ
ありともしれぬうすぐもに
なやみて死ぬる蛾のけはひ。

ねがひはありや日は遠し、花は幽(かすか)にうち薫(くん)ず。
ゆるき光に霊(たましひ)の
煙のごとく泣くごとく。

わが身のうつゝながむれば
紅玉の靄たなびけり。
隠ろひわたり、染みわたり
入日の中にしづく声。

心もかすむ日ぐれどき、
鳥は嫋(ね)びつゝ花は黄に、
恍惚の中吹き過ぎて
色と色とは弾きあそぶ。

慕はしや、春うつす
永遠(えいゑん)のゆめ、影のこゑ。
身には揺れどもいそがしく
入日の花のとゞまらず。

春はわが身にとゞまらず。
ありともしれぬうすぐもに
なやみこがるゝ蛾のけはひ。


あいつの話

昔話。

だけど浸ってるんじゃない。

あいつと会ったのは1999年の春。

すぐに仲良くなって、友達になった。

あいつと別れたのは2010年。

自分からこの世に別れを告げた。

突然過ぎて言葉も無くて、悲しくて、時間がそのまま止まってしまったようだった。

あの時いろんな人たちに助けて貰って、僕の時間は動き出して6年経った。

あいつの時間は止まったまんま。

僕の時間はガンガン進む。

今少し分かるのは、あいつは孤独の罠に囚われたんだ。

あの時、あいつのことを考えて助けようとしたけど、みんなの言葉は届かなかった。

だから今、もしも自分がひとりぼっちで辛くて孤独で消えたいと願うなら、そんなことは無い。あなたは独りじゃない。あなたのことをどこかで考えている人がいる。だから独りだなんて思わないで、ちょっと立ち止まって周りの声に耳を貸して欲しいと思う。

思うことしかできないけど、陳腐な言葉だけど、心から思う。


朗読してみました2

朗読シリーズ第2弾。今度は音楽なしです。
言葉に独特のリズムがあって、読んでて心地いいです。
滑舌や発声は日々特訓中です。
まだまだやりますよ・・・

 

「よき友とともに」(室生犀星)

心からよき友をかんじることほど
その瞬間ほど
ぴつたりと心の合つたときほど
私の心を温めてくれるものはない

友も私も苦しみつかれてゐる
それでゐて心がかち合ふときほど嬉しいときはない
まづしい晩食の卓をともにするとき
自分は年甲斐もなく涙ぐむ
いひしれない愛情が湧(わ)く
この心持だけはとつておきたくなる

永く 心にとつておきたくなる





 


虎姫一座!

久しぶりに浅草に行ってきました。

虎姫一座の公演を観るためです。


口福+眼福で至福の時。

ここは本当に最高です。


朗読してみました。

こんばんは。お久しぶりです。
最近、一人夜中に作業しています。
宅録ってやつですね。
バンドも久しく動いてませんが、僕は僕でやってます。
先日、実験がてらこんなものを作ってみました。

朗読した詩に対して音楽を当てたらどうなるか、という試みです。言葉の抑揚を軸に音のメリハリを付ける、というイメージです。
言葉の間みたいなものしか考えないでやったので符割はめちゃくちゃです。
ギター・ベース・朗読・打ち込みは全て僕。
一人って大変ですね。
でも面白いと感じています。この手の方法を他にも試していこうと思っています。

音楽も言葉も良いですね。
最高です。

ではまた。


うにの話

その子が我が家にやってきたのは2014年の10月。嫁がブリーダーさんから連れて帰った時のことはよく覚えている。

うさぎの「うに」。我が家の家族である。ホーランドロップイヤーという品種で、耳が垂れていることと人懐っこいところが特徴。愛らしくて、世界中で人気のあるうさぎ。

しかし、人懐っこいという事前の話は、誰しも当てはまらない、ということを学ぶのにそれほど時間はかからなかった。

IMG_0032IMG_0007

僕は平日の昼間は仕事に出ているし、週末もいないことが多い。なので順調に関係を構築している嫁との「扱いの差」は大きい。

IMG_1440_2

小さくて分かり難いけど、うさぎに一撃食らった直後の写真。うさぎって、噛むし殴るんですよ。特にうにの歯は獣医さんにも褒められるほど鋭くていい歯を持っているので、とても痛い。

IMG_0296

めげずに何度もお世話にするも、こういう表情は見せてくれない。

うさぎの中にも明確なヒエラルキーが存在するらしく、僕は相当低い扱いにされてしまった、というのが獣医さんやううさぎ歴の長い嫁の見立て。悲しくなる話。

それでも、めげずに世話をする。そして噛まれる。うにが我が家に来て1年くらいはそんなギクシャクした関係だった。

そんな折、あることに気づいた。

IMG_6187

うには部屋の中を散歩するのが大好き。しかし、我が家の床はフローリングなので、肉球を持たないうさぎは滑って上手く歩けない。そこで、実験的に木板を部屋の一角に敷き詰めてみた。

IMG_1362

グリップが効きやすくなったおかげか、うには部屋の中を元気に走り回るようになった。

95A235F6-547F-442E-A198-1272BF759E32

とにかく走るようになった。そしてうにの態度にも変化が起きた。

この木の板を敷き詰めた以降、僕に多少なついてくれるようになった。

 

最近、驚くべき行動をうにが僕に見せてくれた。うには、なんと僕のことを舐めてくれるようになった。

これは、うさぎが相手に親愛の情を示すために行う行動。

とても嬉しかった。うにの側からすれば、ようやくわかってもらえた!っていうことだったのかも知れない。

そんなわけで、僕にもホーランドロップらしい愛らしい表情を少しは見せてくれるようになりました。

IMG_1153

まだまだ頑張ります。

 

 

 

 

 


なんと

今年最初の更新になってしまいました。

相変わらずヴードゥ・ダック・スターズとしての活動の目処は立っていませんが、とりあえずメンバー全員元気です。

ちょろちょろプロジェクトもあるので、告知することがあれば告知します。

また、いろんな場所やライブに行った感想なんかも随時あげてきますので、よろしくお願いします。

旧正月すら過ぎちゃったけど、今年もよろしく!